自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

意外な一面。

ナナコ7歳、リョウ4歳。

知識も出来ることも、ナナコの方が多い。
当たり前だ。
保育園児のリョウは、感情に支配されやすく、気持ちの切り替えも苦手だ。
挨拶だって慣れた人にしかできないし、自分から「ありがとう」も「ごめんなさい」もなかなか言えない。

そんなリョウが、実は意外と大人だった。

先日、夕方、保育園と学童に迎えに行き、帰宅すると間もなく、二人はテレビのチャンネル争いを始めた。
日常茶飯事の出来事だ。

しかしこの時、怒ったリョウはナナコを帽子で思い切り「バシーン」と叩いた。
ナナコは怒りと痛いのとショックで泣き出した。
私はリョウを叱りつけたが、珍しくリョウは口を一文字にしたままで、泣かなかった。
ナナコを慰め、テレビを見てもいいよ、と言うとナナコは見たがっていた番組にしたが、リョウがテレビのリモコンを奪い取り、リョウの好きなチャンネルに変えた。
私が、もうそんなことになるのだったら、テレビを見てはいけないと、リモコンを二人から取り上げた。
ナナコは泣きながら、ピアノの練習を始めたが、怒りで気が高ぶっているせいもあって、ピアノが上手に弾けない。
そのため、さらに怒りの感情が制御できなくなり、泣きながらピアノの椅子を持ち上げ床に投げつけた。
椅子はすごく大きな音をたてて倒れた。

今度は私はナナコを叱りつけた。

私は夕飯の支度の途中だったが、二人の様子に腹をたて、
「そんなことしてるのなら、もうご飯作らない!もう、ママは二人の面倒みない!二人で好きなように暮らしなさい!」
と、私まで大人げなく暴言をはき、2階の一室にこもった。
私もイライラしていた。
誰もこの状態を収拾出来なかった。

ところが、私が2階の部屋にこもって洗濯物を畳んでいると、ぼそぼそとリョウの声が聞こえてきた。

「ナナちゃん、ごめんね。」

リョウは言った。
決して自分から謝ることなんか今までなかったのに。
リョウはナナコに何かぼそぼそしゃべっていた。
ナナコを慰めているようであった。

「ママ、酷いよね。」
「パパが帰ってくるから大丈夫だよね。」

そんなこと言いながら黙りこんだままのナナコを一生懸命慰めていた。
やがて二人は2階の子供部屋に来た。
ナナコも時折、何かしゃべっているようだが、大体はリョウがナナコのために何かを話しかけていた。

時間が経つにつれてちょっと心配になってきた。
パパの帰りが遅いからと、夜だというのに外にパパを探しになんか行かないだろうな?

それで、私も気持ちを落ち着かせて子供部屋をそっとのぞいた。
ナナコは半べそかきながら机でお絵かきをし、リョウはおもちゃ箱から竹とんぼを出して遊んでいた。

私の姿を見ると、リョウは、洗濯物はもう終わったの?と聞き、ナナコは、どこに行っていたの?と聞いた。
ナナコは私が本当にどこかに行ってしまったと思っていて、リョウは私が一室に篭っていることを知っていた。

リョウは私に言った。

「リョウ、ナナちゃんに謝ったよ。
それから、ピアノの椅子も二人でちゃんと元に戻したよ。」

リョウ、偉いね、と私はリョウを抱きしめた。
すると、すかさずリョウは言った。

「ママ、ピアノの椅子はナナちゃんも一緒に片付けたんだよ。」

リョウがナナコを気にかけて言った。
ナナコがリョウに庇われている。

ナナちゃん、偉いね、とナナコをぎゅっと抱き締めると、ようやくナナコに笑顔が戻ってきた。

いつも怒られると、真っ先に泣いて、ママ、怒らないで!と半狂乱になって暴れるリョウ。

この日のリョウは別人のように大人だった。
リョウ、いつの間にそんなに大人になったの。

これから先も、ナナコをよろしく頼みます。


スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

  1. 2017/04/15(土) 23:14:22|
  2. 4歳(リョウ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春休み~ 南房総その2

マザー牧場からホテルに向かうときには既に本格的な雨になり、雨粒が激しく車の窓を叩く。
房総半島の南端まで行くのに時間がかかり、その間にリョウは寝てしまった。
ホテルの駐車場に着いたときもぐっすりと寝ていて起きる気配がない。

「リョウ、着いたよ。」
と起こすと目を開けたが自分が気がつかないうちにホテルに着いたのが気に入らなかったのか、それともホテルに着いたという事実を自分の中で消化できなかったのか、
「まだ、旅行に着いてない!」
と愚図り始めた。
こうなると、頑固なリョウはもうだめだ。
30分たっても車から出ようとせず、車のドアを開けてもバタンと自分でしめてしまう。

この旅行の間に少なくとも3回は、そうやってリョウの愚図りに時間が取られた。
なんとかならんものか?

ホテルの食事はバイキングで、自分で焼いて食べるホタテや魚の開き、いなだの刺身、揚げたての天ぷらなど、夜も朝もまずまずだった。
建物は古いし、部屋のバス、トイレ、洗面台はとても狭かったが、それ以外は良かった。

しかし、いかんせん、天気だけがよろしくない。
翌日も、せめて雨さえやんでくれれば、という期待もむなしく、起きたときから雨で寒い。
やむ気配もない。

翌日はいちご狩りに行き、
南房パラダイス・アロハガーデン館山というところに行き、植物園を見たり、オウムを腕にとまらせたり、モルモットを抱っこしたりした。
せっかく房総に来たのに、お花畑には行かず。

房総半島、いつかリベンジしたいです。


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2017/04/14(金) 23:10:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春休み~ 南房総その1

春休み、と言っても我が家で春休みなのはナナコしかいないが、学校が休みで退屈しまくっていることもあり、1泊で南房総にいってきた。

暖かくなってきたことだし、海もいいかな?
少し早いけど潮干狩り出来るかな?
釣竿持っていこう。
マザー牧場で動物に餌あげて、
お花摘みして、
いちご狩りに行こう!

そんな期待大きく過ごしたのは前日まで。

3/31(土)
天気、曇りのち雨。
気温10度。
さむい。
今にも雨が降りそうな朝。
マザー牧場のチケットをヤフオクで落札してしまったので、今日か明日のどちらかでマザー牧場に行かねばならないのに、両日とも雨で気温が低いとのこと。
昨日までは連日晴れで暖かく、桜も咲く勢いだったのに…。
雨が降る前にマザー牧場で遊んでしまおうと大急ぎで出発。
冴えない天気だが、雨が降る前にマザー牧場に着いたので、早速ナナコは動物ふれあいコーナーに行く。
一方、臆病で動物にたいして興味のないリョウは、早くプレーゾーンの観覧車に行きたくてたまらない。
まだ行かないの、を連発し、辺りをうろうろするだけである。
ふれあいコーナーが終わったナナコは、ヤギに餌をあげたりしながらやっと観覧車に到着。
花もたくさん咲いていて、植物が大好きなナナコは嬉しそうだが、リョウは全く興味がなく、だらだら歩きである。
観覧車とメリーゴーランドに乗ったところでポツポツと雨が降ってきた。
そろそろ出よう、というとナナコがどうしてもあれをやりたいと指差したのは、トレジャーハンティング。
500円で砂の袋を購入し、水の中で砂袋をザルにあける。砂の中から予め仕込まれた宝石が取り出せるという、砂金掘りのお遊び版みたいなものだ。
ナナコは去年の夏休みも伊豆でこれをやりたいと行って、諦めさせるのに手こずった。
やっていいよ、と言うと、大喜び。
宝石の袋と化石の袋とどちらがいいかと聞かれ、化石の袋を選んだナナコ。
アンモナイトや貝などの化石を簡単にゲットして、満足でありました。

その後、雨の中、またまた早く帰りたいリョウをそっちのけで牛の乳絞りをやり、そろそろ待つことに限界になってきたリョウとやっと、ホテルに向かいました。
雨はどしゃ降り。
本当はもっとマザー牧場で遊べるはずだったのに、残念。
全く楽しめていないリョウにはもっと残念。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2017/04/09(日) 06:49:22|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

製作物。

ナナコが、学校から膨大な製作物を大きな袋で持ち帰ってきた。

図工で書いた絵。
アサガオの観察日記。
遠足の時の絵。
紙粘土で作ったなんだかわからないもの。

これを18時過ぎに自宅に帰るなり、ひとつひとつ説明を始めるので、全く何もできない。
つい最近、
「ママっていつも、すごいね!しか言わないよね。」
と注意されたばかりなので、迂闊に適当な相槌も打てない。
もちろん、ゴミの山を持ち帰ってきた、なんて、ちらりとも考えることは許されないのである。

しぶしぶ、着替えも猫の餌もそっちのけで説明を聞いていると、やっぱりこの1年で成長したよね、と思う。
鳥が大好きなナナコは本当に鳥の絵が上手だった。
製作物を入れるために学校で配布されたと思われる不敷布の大きなバッグには、虹と富士山と音符の絵。
反対側にはパパとママとリョウと猫の絵が書いてあった。

毎日子供たちに怒ってばっかりの私だけど、いつ、手元から離れていってしまうのだろう。
今が一番幸せなのかな。

  1. 2017/03/09(木) 22:48:25|
  2. 小学1年生(ナナコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員の係決定。

来年度、4月から自治会、学校、学童の役員を一気に引き受けるという、無謀なことをやらかしてしまった私。
あとにはひけないのですべて責任持って引き受けます。
が、気になるのは役どころ。
本日で、学校と学童について決定した。

結論は一勝一敗といったところか?
この言い方にはかなり語弊があるのだが、役員引き受け当時に希望していた役どころで勝敗をつけるならそうなる。

学校の役員は、役員会の司会を務める二年任期の係に、じゃんけんで負けて引き受けることになってしまった。
年間活動回数はそれほど多くないものの、二年任期であることや、会議にはすべて出席する必要があること、楽しいイベントを企画するような係でもないだけに、憂鬱で仕方なかった。

でも、考えてみれば、私が役員に立候補した理由は、どこかで必ず役員を引き受ける必要がある、という理由の他に、役員を引き受けることで、学校の保護者や先生たちと交流を深めることで、何か問題があったときにも助けを求めやすいのではないか、とか、せっかくの学校生活のことだから、知らないよりはいろいろなことを知っている方が楽しいし、いざというときもどーんと構えていられるのではないだろうか、
とか、そんな理由の方が多かった。

だから、例えじゃんけんで負けてしぶしぶ引き受けた係だとしても、元を正せば私の理想どおりの係だっとたと言える。

ちなみに、学童の役員は、前年度まで学校の役員を引き受けていて、今年度でその任期があける方が役員の一人になっていて、会長になっても良いと言ってくれた。
しかも、その方は私が学校の役員にもなっていることを知っているため、一番最初に好きな係を選んでも良いと言ってくださったので、お言葉に甘えて希望する係にさせてもらった。

そういう意味では一勝一敗なのだが、結果的に楽しく役員の活動ができれば二勝である。
常に前向きな気持ちで、役員活動を頑張りたいと思います。


  1. 2017/03/04(土) 23:45:52|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ