FC2ブログ

私、2年前に記事にしたかもしれませんが、この2年間、小学校の役員をしていました。
我が校はPTAはないのでPTAではないのですが、校外活動をする役員の集まりの中の取りまとめ役の立場でした。

辛かった。
気の弱い私には非常につらい仕事でした。
じゃんけんで負けてしぶしぶ引き受けた役でしたが、それでもせっかく役を引き受けたからには頑張ろうと思っていたんです。
リョウが小学校に入学したらもう1回役員を引き受けなければならないし、それならば私の代で大変な部分を変えてしまおう、なんてことも考えていました。
でも、私の考えは甘かった。
今年度。私が取りまとめの立場になって、はじめは別の役員の人がLINEのグループを作ってくれたり、困ったときにはみんなで助け合おう・・なんて言ってくれる人もいた。
でも、私が頼りないのか?力不足なのか?単に嫌われているのか?無関心なだけなのか?

最近では、私がLINEでお知らせを通知しても全く反応なし。
こんなふうに進めても大丈夫かと問いかけても反応なし。
報告書を作ってみたけどどう?と送っても反応なし。
思いあぐねて、来年度、私と入れ替わりでまとめ役になる人に個人的にLINEで、来年度もこのままのやり方で引継ぎ資料を作って良いかと聞いても反応なし。
既読はつくけど返信なし。
こういうの、LINE疲れっていうんだろうな。
他の人からみると、ただ単にうざいやつなのかもしれません。

でも、そうはいっても、私一人で行っている役員会ではないので、やっぱり何らかの反応はほしかったな。
考えるのが面倒なら「お任せするよ」の一言でもよかったよ。
「OK」のスタンプ1つでも良かったよ。
そんなこんなで、後半は私一人で戦っている気分でした。
学校の先生との橋渡し役は私なのですが、基本的に保護者の活動なので先生も困ったことがあれば私に相談してきます。
例えば、
「交通安全街頭指導の旗振り役の人が、担当の場所は遠いから変えてくれと言ってるのだけどどうする?」
とか
「プリントで通知した集合場所を間違えてしまったけどどうする?」
とか。
保護者って、本当にいろんな人がいらっしゃいます。
全く委員会活動に参加しない保護者さんがいて、他の役員さんが文句を言いはじめます。
先生も「どうする?」と私に聞いてきます。
知らんがな、もう。
こんな相談に誰も親身になってのってくれる人がいませんでした。
「役員をはく奪しちゃえば?」
ある役員が言いはじめます。
これで「役員をやった」と言われても困るよね?

タカ派とハト派に分けたら、私は間違いなくハト派なんです。
だって、皆さんボランティアですからね。
自分が強く言えない性格なのもあるし、自分も仕事をしていて役員活動は時間的に辛いため、やりたくない人、やれない人の気持ちもよくわかります。
するとタカ派の役員さんがいろいろ言いはじめます。

・・・なんか、疲れました。
大変なわりにもっと楽しいと思っていたのだけど、なんか孤立無援な感じでした。
でも皆さん、やっている校外活動もそれぞれ異なるので、一丸となって何かをやりとげるという感じではないんですね。

来週は来年度役員への引継ぎ会があって、それで晴れてオシマイです。

しばらくは自分を褒めておこう。


スポンサーサイト




夕食まであと30分。

この宿には、洞窟風呂があった。
混浴だが、夕方から20:00までは女性専用の時間になる。

行くぞ、洞窟風呂へ。
「えーー」というナナコに、今いかずしていつ行くのだ。今しかない。今、行かねばならぬ、と言うと「はいいぃぃ」としぶしぶ着いてきた。
暗くて寒くておどろおどろしいイメージだったが、着いてみるとそうでもなかった。
明るいし、洞窟と言うほどの深さもなく、湯加減もちょうど良い。
下から沸き立つお湯でぷくぷくと水面に泡が出来ている。
うん、いいね。広いし。

夕食まであと20分。

さぁ次行くぞ。

今度こそ本当に大浴場で身体を洗って温まるのだ。ゆっくり遊んでいる暇はなーい!
いつもは何かとのろいナナコを連れて、大浴場へ。

部屋に戻ったのは夕食5分前だった。

私はこの旅館で、チェックアウトまでに3回ほどお風呂に入った。
満月が伴い、本当に良いお風呂だった。
食事もお腹一杯で、インフルエンザ明けの私にはかなりきつい。
こういうときは、バイキングの方が、食べられる量の食事だけ取ってくれば良いのでいいかもね。

とにかく、ひなびた宿ではありますが、満喫させていただきました。

元旦。

あけましておめでとうございます。
本日、義両親と共に、とある「日本秘湯守る会」会員の旅館に来ております。
私は温泉が好きなので、わりとあちこちの秘湯を守る会の宿に泊まっているが、「秘湯」なので、決して近代的な綺麗な建物ではない。
食事は子どもたち好みのバイキングではないし、大浴場といったってそれほど広くはない。
打たせ湯やらサウナやらついているわけでなないし、旅館内に大きな売店があるわけでもない。
それでも、案内された12畳の和室は、エアコンで暖められ、うちにはない炬燵もぬくぬくだった。
心づかいも嬉しく、私は満足である。

18:00から食事としたので、ひとしきり義両親と話が盛り上がり、子どもたちもお年玉をいただいたところで、お風呂とする。
まずは予約制の家族風呂にはいる。
脱衣場といっても簡易な屋根にのれんをつけただけの外である。
風はぴゅーぴゅー吹いている。
寒い。
子どもたちに言い聞かせた。
いいか?
出てから身体を冷やすか冷やさないかは時間の勝負だ。
いつものように、「ママ、拭いて~」とかやっている場合ではない。
ママは自分の身しか守らない。
自分の身体を拭くので精一杯である。
自分の身は自分で守るように!

夫は、先に自分が出て着替えてからゆっくり後から子どもたちを出して拭いてやればいいじゃないかとにやにやしているが、私はそんな甘えは許さないのである。

お風呂に入るとちょうど満月が煌々と照り、昼間のように明るい。
素晴らしい。
15分くらい経過したところで、
「そろそろ出るぞ!」
と声をかけると、子どもたちも一斉に飛び出した。
夫が子どもたちに、君たちは後からゆっくり出なさい、と言っているのに構わず飛び出し、みんな一斉に身体を拭く。
5歳のリョウもささっと身体を拭き、着替えている。

続く
12 31
2017

大晦日。

例年なら、おせち料理作ったり、大掃除したりで大忙しの我が家だが、私がクリスマスにインフルエンザで倒れたこともあり、29日に私が三途の川から命からがら戻ってきたときには、まだ家はクリスマス仕様だった。
テーブルにはクリスマスツリーが飾ってあり、リビングの壁にはナナコがおり紙で作った星やらブーツやらスティックキャンディーやらがベタベタと貼ったままである。
ここは保育園か!?
100円ショップで子どもたちに買わされた、派手なばかりのキラキラ光る緑色の葉っぱの飾り物が、壁にセロテープで貼った一部が剥がれて、だらんと垂れ下がり、見るも無惨なことになっている。
多分、これらをどうにかするほどの余裕が全くなかったと思われる夫には、本当に感謝の念しかない。

そんなクリスマス仕様がようやく片付いたのが29日。(しかも私は微熱とはいえ殆ど動けず寝てるだけ)
30日に思い腰をあげ、私は換気扇の掃除、夫は家中の窓ガラス拭き。(夫、ありがとう)
大晦日の今日は、1階と2階のトイレをそれぞれ1つずつ担当し、終了。
お風呂掃除、なし。
レンジ回りの掃除、なし。
埃がたまりまくっている掛け時計や、タンスの上や、テレビの裏側等の掃除、なし。
家中の掃除機、なし。
玄関や外回りの落ち葉掃除、なし。
正月飾り、なし。

もう、何もなしです!
障子や襖が破れたままでも、正月は来ます!

明日の朝御飯は、普段通り、トースト1枚です。
お雑煮なんて食べません!
いいんです、これで。

皆さん、どうぞ、良いお年を。

3日3晩続いた39度超えの高熱もやっと4日目の昨日に下がり、起きられるようになった。
3日も続くと体力も落ち、37度台の微熱になっても普通に歩けない。食べられない。
発症日当日は38.2度の熱だったが、体力あるせいか、ご飯も普通に食べ、子どもたちを追いたてて寝るまでにもっていき、自分はお風呂で熱目の長湯を満喫したのだ。
それなのに。
どうなのよ?このよぼよぼ具合は!?
熱が下がっても歩くのもおぼつかず、子どもにミカンを持ってこさせ、皮を剥いてもらい食べるのだ。
薬の水を持ってきてもらうのも然り。
既に介護状態だし!(ただのぐーたら婆さんだという話も…)
やっと今日になって、いつも通り、子どもたちに渇を飛ばし、ご飯もそこそこ食べられるようになった。
体重落ちること2.5kg。
すぐ戻るんだろう。

それにしても、今回も家族全員、予防接種していたはずなのに、この有り様。
そして、去年に引き続き、今年もインフルエンザにかかり、かつ3日も熱が下がらなかった!!
これは私にとってかなりショッキングなことである。
過去にも何度かインフルエンザにはかかっているが、抗インフル薬を処方させると、1日や2日で熱は下がっていた記憶が。
その年によってインフルエンザウイルスの型も微妙に異なるとは思うけど、どうしても、歳のせいだと思わざるには得ない。
そのうち、解熱にも、4日かかり、5日かかり、1週間かかり、体力もどんどん落ちて、合併症を併発するんだろうなぁ。
熱だけでなく全身の症状と言うところがまた、許せないわけですよ。

どうぞ皆さまも、インフルエンザにはご注意を!
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ