FC2ブログ

9月に入ったというのに連日連夜の猛暑ですね。
一体、いつになったら夏が終わるのやら・・・と思いますが、
私は夏が大好きなので、夏の終わりは物悲しく、早く次の夏が来てくれないかと願わざるを得ません。

昨日の夕方、家の向かいの公園に近所のユキちゃんとママが遊びに来ていたので
せっかく見ていた「おかあさんといっしょ」を中断して、ナナコと一緒に公園に出てみました。
夕方だというのに暑くて暑くて、蚊にはたかられるし散々だったのですが、
ふと見ると、なんと公園にはもう赤とんぼが何匹も飛んでいました。
あんなに鳴いていたヒグラシも、今はツクツクボウシが主流で鳴いています。
街路樹の葉っぱは、濃い緑ではなく、既に黄色がかっていて間もなく落ち葉に変わってしまいそうです。
日の出日の入りの時刻も真夏と違い、少しずつ昼間が短くなっています。
ちなみに今日、9月2日の日の出/日の入りは5時14分/18時08分。
これはなんと、4月12日頃の時刻と同じなんですね。
4月なんてまだ、やっと本格的に春が来た!って頃ですよね。
でも確かに、昼下がり、ナナコがお昼寝に入ってホッと外を眺めると、空の青さと言うか、
影の濃淡が秋の到来を予測しているような気がします。

ライブカメラで江の島の東浜を見てみると、もう海の家の撤去作業なんですね。
江の島ではウィンドサーフィンをするとき、海水浴シーズンは広い砂浜から出艇できず、
江の島にかかる橋の下の狭いエリアから出艇帰艇しなければなりません。
そこまで台車にウィンドサーフィンを乗っけてエンヤコラと押していくのですが、
それだけで暑くて暑くて、ウィンドサーファー(おそらく普通のサーファーも)にとって
真夏はシーズン外なのです。
しかし、9月になったら海水浴シーズンが終わり、ブイが外されて好きなところから
出艇できるんです。
ライブカメラではそんなウィンドサーファーの姿が映し出されていました。

今年も大好きな海に行けませんでしたが、来年はナナコと一緒に行けるかな。
ウィンドサーフィンにはまだ復帰できそうもありませんが、早く海水浴に行って
シャチ(浮具のおもちゃ)に乗りたいな~。
真夏といえば海とシャチでしょう!と夫に話したところ、俺は生まれて一度もシャチなんかに
乗ったことはない!と言われてしまいました。
ちなみに、私もシャチに乗ったことはないんですけどね。

最近、どうもあまり良いことがないせいか、センチメンタルな気分になってしまいます。
何か気が晴れることを見つけないとね!
スポンサーサイト




ナナコが産まれてから、身体を動かしてストレスを発散する、ということが出来なくなりました。
お散歩もベビーカーを押してゆるゆると歩くので、ウォーキングとは全然違うんですよね。
しかも最近は暑いからお散歩も出来ないし。
WiiFitでもあれば良いのでしょうけど、うちにはそんなものもなく。

そんな折、NHK教育でやっている「おかあさんといっしょ」をナナコと見ていたら
ファミリーコンサートの様子を放映していました。
体操のお兄さん(小林よしひささん)がバク転をしながら登場しました。
毎朝、毎夕、テレビで体操のお兄さんが「ぱわわぷ体操」なる歌を歌いながら
踊っているのは目にしていましたが、なんだか突然、私ときたら年甲斐もなく、その姿にときめいてしまったんです(笑)!!!

ハハハハハ!
いや、そんな変な話じゃありませんよ。
芸能人に憧れる、というよりももっと程遠いものなので、まったくやましい気持ちは皆無です。
でも、まぁ今まで何の気なく見ていた体操のお兄さんですが、
「わぁ~!あんなこと出来るんだ!かっこいい~!」
みたいな。
で、それはいいとして、ふと、ぱわわぷ体操を覚えて、毎朝、毎夕テレビを見ながら
一緒に踊ればストレス発散になり、運動にもなるのでは?と思いました。
もちろんラジオ体操でもいいんですけどね。
「おかあさんといっしょ」なら絶対に毎日見ているし、ナナコと一緒に見れるしね。
わざわざ運動のための時間を別に割かなくてもいいところがミソです。

でも、実際にやってみると、難しいんですよ、これが。
歌詞も覚え切れない上に動きがもっともっと覚えられない。
もともと鈍いのか、歳のせいなのか、そもそも難しいのか分かりませんが、まったくついていけません!
テレビの前で踊っている姿なんか誰にも見せられません!
ナナコに物心つくまでになんとか覚えないと!

世の中はお盆休みの真っ最中ですが、夫の会社はお盆休みがない上に夜勤続きで土日もなし。
夫は昼間帰宅しても寝ていることが多い。
それで、いつもの通り家の中でナナコと二人でテレビを見ていると、Uターンラッシュの模様をニュースで流していたりして、なんだか世間から取り残された気分です。

こんなお盆休みの最終日。
月に1回の「こそだてひろば」が近くの公民館で開催されていたので行ってみました。
みんなお出かけで、来る人なんかいるのかなぁ・・・と半信半疑で行くと、少ないながらにもちゃんと人が来ていて、知り合いにも会うことができました。
臆病なナナコはいつもの通り、楽しくなかったかもしれませんが、私は少し気が晴れました。

でも、世間はやっぱり夏休みなんですね。
小学校やら幼稚園やらに通うお兄ちゃんお姉ちゃんと来ている人もいました。
弟を抱っこして遊んであげるお兄ちゃんや、ボールを拾って妹に渡してあげるお姉ちゃんを見ると、
あぁ、やっぱりナナコに妹か弟を作ってあげたいなぁ、と思ってしまいました。

私自身が一人っ子でしたからね。
出来れば兄弟を作ってあげたいんですよね。
まぁナナコが「お姉ちゃん」の立場を良いと思うかどうかは分かりませんけどね。

ようやくナナコは、自力で立ちたい!という欲求が出て来たようです。
まだズリバイしか出来ず、ハイハイはまだで自分からお座りも出来ないのですが、
最近、私が座って足を伸ばしていると、わざわざやってきて私の太ももを超えていくんですよね。
もちろん、ズリバイで。
高いところを超えると達成感があるのかしら?
将来は登山家ね!?
なんて思っていたけれど、実は立ち上がりたいのかも??

ナナコはおむつのパック(70枚くらいがドーンと入ってるやつね)が昔から好きでした。
何が好きかというと、足で蹴飛ばしたときにガサガサするのが好きなんですよね。
でも昨日、未開封のオムツのパックを床に放り投げておいたら、一生懸命そこを越えようとしています。
よく見ると、すっごく足を突っ張って、かわいいお尻をプリンとあげて、ハイハイみたいな姿勢になっています。
でも、オムツパックじゃ低すぎるんでしょうね。
結局、四つんばいのまま超えるだけで、立ち上がれません!
それでも戻って何度もトライしている姿がすっごく可愛いです。

ちなみに、もう少し高い台を用意してあげたのに、プイッと向こうに行ってしまいました。

言わずと知れた今日、8月6日は広島に原爆が投下された日ですね。

朝8時15分、近くの防災無線から「黙祷を捧げましょう」と放送が入りました。
掃除機をかけていた手を止めて、ナナコを抱っこして、テレビのニュースで
平和式典の様子を流しながら、黙祷を捧げました。
ナナコはわけも分からず、私の異様な雰囲気に泣き出してしまいました。

私の出身は東北ですが、私の両親は広島の出身です。
親戚はみな、広島に住んでいます。
幸いにも私の両親は被爆者ではないですし、親戚も当時は市外に住んでいたためか
被爆したとの話を聞いたことはありません。
でも小さい頃、おばあちゃんの行ったときに、あわせて平和記念公園に行き、
原爆ドームや資料館を見学しました。
そして、何かしら心に大きな穴というか、うまく言えないけど、
私の心の奥底に何かを残したのは事実です。

今年、新たに被爆者で亡くなった方の名前が慰霊碑に刻まれたと聞いて、
もう65年もたって、もしかしたら被爆せずに普通に生きていても寿命を全うするかもしれない
年齢の方もいらっしゃったのではないかと思いますが、ずっとずっと、原爆による身体の傷、心の傷を背負って生きてきたんだろうなぁ、と思いました。
原爆が落とされなかったら、もしかしたら戦争が長引いて、原爆で亡くなった以上の方が
戦争で亡くなっていたかも知れません。
だから、原爆が落とされて(あるいは落として)良かった、という話もたまに聞きます。
原爆が良かったとは思わないけど、戦争が終わって良かった。
日本は愚かだった。

今まで、これからの日本のこと、世界のこと、真剣に考えたことなどあまりなかった(どこか他人事だった)のですが、ナナコが生まれて、ナナコが幸せに暮らせる世の中でありますように、と真面目に思いました。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ