FC2ブログ

1年前の今日、それは、ナナコが「お腹の中はもう飽きた。お外に出る!」と決めた日でした。

1年前、朝7時。
それは破水から始まりました。
でも高位破水だったため、私は破水と気付かずにただの尿漏れだと思い、いつものように「赤ちゃん、早く出て来い!」と隣の駅まで夫とウォーキングに出かけました。
雲ひとつない青空でね。
チベットのポタラ宮が似合いそうな、真っ青な空でした。
お昼になっても尿漏れがおさまらず、夫が「病院に行ってみたら?今日なら(祝日だから)俺が送っていけるし。」と言ったので、午後になってのんびりと病院に行ったら破水と言われ、即入院となりました。

そんな出来事から1年。
1年前の今日、私はナナコのいる生活なんて、全く想像できませんでした。
ケラケラと笑い、伝い歩きをし、普通のご飯を食べるナナコがいるなんて、遠い未来の話だと思っていました。
赤ちゃんというのは、3時間おきにおっぱいを飲み、夜泣きで起こされ、ひたすら抱っこばかり要求している生き物だと思っていました。
確かにそんな時期もありました。
でも、そんな時期はわずかで、今はもはや「赤ちゃん」ではありません。
泣いて、笑って、怒って、会話は出来ないけど、少しだけなら意思の疎通が出来るんです!
今となっては、逆に1年前が遠い過去のようです。

ナナコがいなければきっと、自分の生活も何も変わることなく、ただ1つ歳をとっていたんだろうな。
少なくても、大学を卒業して就職してから今に至るまでの20年間はそうだった。
夏休みの旅行だけが唯一のイベント、みたいな。
今は毎日がイベント。
ナナコが何かを見て、聞いて、触って、感じる。
初めての感触。
初めての感情。
初めての味覚。
初めての音。
ナナコにとってのイベントが、私にとってのイベント。
それは毎日やってくる。

すごいなぁ。毎日、何かの発見がある。
ナナコが楽しいと私も楽しい。
「赤ちゃん」だったナナコ。今日でさよなら。もう「子供」だもんね。

今日も1年前と同じくお天気で、やはりチベットのポタラ宮を背景に置きたいくらいの真っ青な青空でした。
来年の今日は何をして、何を感じているのでしょうか。
スポンサーサイト




先週の日曜日から発熱しているナナコ。
本人はいたって元気なのですが、身体は熱く、熱を測ると常に38度前後あります。
鼻水はダラダラ、咳も出ていて辛そうです。
その風邪が私にもうつってしまったので、私はかなり辛く、病床に臥せって暮らしていたのですが、ナナコはまったくお構いなく相手にしてもらいたがります。
土曜日、日曜日、月曜日と全くお外で遊べず、お家でもあまり相手にしてもらえず、すっかり飽き飽きしていてちょっと可哀想でした。
なんとか熱が下がったら、早く保育園に行って遊んでもらいたい、と思っていました。(親も風邪で辛いもので)
火曜日、朝一では熱がありましたが、その後計ると平熱に戻っていました。
朝食の後、保育園に行く前に測ってみましたが、37度ありません。
これならいけるかも!?と思い、早速保育園に連れて行きました。

しかし、保育園に着くと、「昨日まで高い熱があった子は、ここでもお熱を測って行ってもらえますか?」と言われ、体温を測ると37.7度。
結局預かってもらえず、また連れてかえる羽目になりました。
土曜日に小児科に受診していましたが、もらった薬もなくなりそうだし、受診後に熱も出ていることから、また再受診することにしました。
お昼頃、やっと診てもらえて、熱の経過を話しました。
「日曜日あたりから熱が出始めて、だいたい38度前後をうろうろしています。一番高いときで38.9度でした。今日は朝、熱が下がったので保育園に連れて行って、そこで熱を測ったら37.7度あり、連れて帰って来ました。」

診断の結果は風邪でしょう、とのことで、前回処方してもらった咳止めと鼻水の薬に加えて、抗生剤と熱さましをもらいました。
熱さましは、ぐったりして元気がなさそうなときは飲ませてください、と言われました。
そして、
「昨日まで熱があって、今日熱が下がったからと言って保育園に連れて行くのは無謀です。朝は熱が下がるものなんです。熱が下がってから1日様子を見て、朝から晩まで全然熱が出ないようならその次の日から連れて行ってください。今日、午後に熱が下がったら、明日1日様子を見て、明後日から保育園に連れて行ってください。」
と叱られてしまいました。
確かに、普通に考えればそうですよね。。。
大人なら、昨日まで熱があっても、朝起きて熱がなかったら会社に行ってしまうけど、大人と一緒にしちゃダメなんだね。

しかし、本日までナナコの熱は一向に下がりません。
今日で4日目です。
元気で食欲もあり、ウンチも普通なのですが、鼻水、咳も出ているし、熱はやはり38度前後です。
朝、ご飯を食べる前は機嫌が悪くて、何をしても泣いていたのですが、朝食後に薬を飲んだせいか(熱冷ましは飲ませていない)、急に機嫌がよくなりました。
熱を測ると37.2度。
しかし、機嫌が良い間に家事を済ませ、ナナコはテレビを見ていましたが、やがて機嫌が悪くなり熱を測ると38.4度。。。
今週はもう、保育園には行けないな。
今週は復職前の最後の1週間なので、会社に行くバッグやら服やらを買いに行こうと思っていましたが、そんなことは出来そうもありません。
何よりも、自分のご飯を買いに行くこともできません。

そっかぁ。
子供を保育園に入れると、最初のうちは仕事にならないよ、って言われるけど、こういうことなんだな。
もし明日1日熱が出なかったとしても、保育園に行けるのは金曜日だけ。
明日の朝、熱があれば、今週はまるまる保育園はお休みってことですよね。
今はまだ、復職していないからいいけれど、復職していたら私も会社を1週間お休みしなければいけないってこと!?
子供が1日熱を出すと、最低2日は会社を休まなければいけないんですよね?
子供のためとはいえ・・・辛いなぁ。それは。

病児、病後児保育をしてもらえるファミリーサポートもお願いしよう、と思いました。

・・・とても不妊治療どころじゃないです・・・

保育園の慣らし保育も終わり、今週から本保育に入りました。
といっても、私が職場に復帰するまでは、保育時間を8時50分~16時にしてください、と保育園から言われているので、本当に通常の保育になるのは11月からになると思います。

あんなに人見知りだったナナコも、先週の慣らし保育の最後の日、夕方お迎えに行くとママが来たことにも気づかず、おもちゃを独占して遊んでいました。
むしろ他の子のほうが私の存在に気づいてくれたくらいです。
朝、預けるときは少し泣きますがすぐに泣き止みそうな感じで、これで私も少し安心しました。
ナナコは絶対に3ヶ月くらい、保育園に慣れないと思っていましたから・・・。
保育園の他のママさんに「泣いてくれるのは今だけよ!これから全然泣いてくれなくなって、逆に寂しくなるんだから!」と言われました。

10月は仕事への復帰もまだで、ナナコは保育園で、不妊治療がある以外はとてものんびり過ごしています。
こんな生活、出産前に戻ったようです!
来月から大変になるんだろうなぁ。
これから冬になるし、自宅と保育園の往復は何で移動するかずっと悩んでいましたが、とうとう買っちゃいました。
電動アシスト付きの子供乗せ自転車!その名も「アンジェリーノアシスタ」(ブリジストン)。

電動自転車って、高いんですね。12万もしました!
子供乗せ自転車でも電動じゃないものならずっと安いのでとても悩みましたが、うちは少し坂があること、私は非力なので、走り出しはふらついてしまうこと、願わくば2人目の子供が授かって欲しいので、ラッキーにも子供が2人になると多分、走り出せなくなるだろう、ということを考慮して、奮発して電動にしてしまいました。
自転車屋さんから自転車に一人で乗って自宅まで帰ってみましたが、すごいですね!!
坂道がまったく辛くありません。
そりゃ多少の力は必要ですが、後ろから誰かに押されるようにグイグイ進んでくれます。
走り出しのふらつきも全く無く、スムーズに走り出せます。すごいな~。

子供を自転車に乗せるととても喜ぶ、と聞いていたので、ナナコがキャッキャッと言って自転車に乗る姿を想像してとても楽しみでした。
ところが!
早速ナナコを前のチャイルドシートに乗せてみると・・・。
シーーーーン。
あれ?あんまり楽しくないかな?
まぁ、乗せただけじゃね。早速、走ってみよう。
近くの公園まで走ること5分。
ナナコは叫び出し、そのうち泣き出し始めました。
被っているヘルメットが前にずり落ちてきて、視界がさえぎられています。
ヘルメットの位置を直してあげて再度出発するのですが、すぐにヘルメットがずり落ちて、常に泣き叫んでいます。
ヘルメットはこれ以上小さいものはないし、被らせないわけにはいかないし、困った。
でもよくよく観察してみると、ヘルメットがずり落ちるのは、ナナコがチャイルドシートの上で嫌がって仰け反ってしまうからなんですよね。
まるで、離乳食が嫌で子供用の椅子の上で仰け反っているときのような格好になっています。
そりゃヘルメットもずれるよ・・・。

せっかく12万も出して買った電動自転車。慣れてくれないと困るんだよね。
毎日抱っこやおんぶで保育園に行くのはちょっと勘弁してほしいなぁ。

今は慣らすために少しずつ乗せていますが、保育園の登園時に自転車に乗せると、保育園を嫌がって泣いている子を無理やり連れて行っているみたいな構図になって傍目にいただけないので、お迎えのときだけ自転車で行っています。
仕事の復帰までには慣れてくれ~。

昨日、朝起きたら、妙に身体が気だるくて、お腹も時折キューッ痛くて、「イテテテテ」としゃがみこむほどでした。
ナナコは朝から元気一杯でしたが、なんだか私は眩暈もするし、関節も痛いし、大丈夫か、私!?と思いましたが、頑張ってナナコを保育園にさえ送ってしまえば、昼の間少しだけ休めるぞ、と思い、ふらふらしながら保育園に送って行きました。

家に帰ってくると立ち上がるのも億劫で、そのまま布団を敷いて横になりました。
体温を測ってみると37.4度。
微熱はありますが、普段この程度の熱で倒れたりしないんですが、昨日はどうにもだるくてだるくて、食欲も無くてお昼も食べずに寝ていました。
あっという間に14時30分になり、保育園のお迎えの時間になったので、ふらふらする中お迎えに行きました。
ナナコは保育園でたっぷりお昼寝をしたようで、帰ってからも元気一杯!
でも、私はとても起きていられる状態でなくて、一人で布団を敷いて横になっていました。
16時になればNHK教育テレビで「いない、いない、ばぁ」が始まるので、早く16時になってくれ~、と心で念じながらナナコを一人で遊ばせておきました。
ナナコは特別不機嫌になることもなく、おもちゃで遊んだり、障子を破いたり、絵本をめくったり、時折私の身体を乗り越えて行ったりして一人で遊んでてくれました。

晩御飯を作る元気もなく、ナナコの離乳食を作ることも出来ず、ナナコのご飯は全てレトルトで済ましましたが、食べさせるのも必死でした。
いつもなら、つかみ食べの練習とかさせてあげるのですが、そんな余裕は私にはありませんでした。
絶対に周りが汚れないように、細心の注意を払ってナナコの口にご飯を運ぶだけでした。

こんな状態で、お風呂に入れるのは無理!と思い、夫に「お願い!早く帰ってきて!」とメールして、夫が頑張って早く帰ってきてくれたので、その後はなんとかなりましたが、夜、体温を測ってみると38度になっていました。
夫は翌日、朝早く会社に行き、帰宅も終電間際とのことだったので、このままの状態じゃ無理だ~!
最悪の場合、他県からではあるが、実母か義母に来てもらおう!と思っていました。

翌日、なんとか熱が少し下がり、回復状態だったので、ナナコを保育園に連れて行けたし、母を呼ぶ必要もありませんでしたが、いやいや、本当に大変でした。
健康って本当に大切ですね。
ナナコが風邪をひかないかも心配ですが、それよりも何よりも、お世話する人がダウンしてはどうにもなりませんからね。
義母が時々気遣って、無理しないように、と言ってくれるのですが、今回身にしみてまずは自分を大切にしないと!と思いました。

会社が始まったらもっと大変なんだろうなぁ。

先週1週間、ナナコは保育園での慣らし保育でした。
泣いている時間の方が多かったようですが、少しずつその時間も減ってきたようです。
ナナコは頑張っています!

来月から仕事に復帰となりますが、保育園へのお迎えが間に合わないため、育児短時間勤務の申請をしています。
1時間の時短で、通常は17時15分が退社時間のところを16時15分にしたいと考えています。
保育園は18時まで預かっていただけるので、本当は30分の時短(16時45分退社)でなんとか間に合うのですが、18時まで預けている人はほとんどいない、と保育園側に言われてしまい、かつ、ナナコはいつも20時過ぎに寝てしまうことを考えると、どうせ時短をしなければならないのなら30分ではなく1時間の申請にしよう、と思いました。
ま、そんな細かいことは会社には言っていませんけど。

しかし、時短勤務での仕事復帰は、制度が出来てから私が第1号の取得者です。
会社の規則で細かいことはあまり決まっていない模様。
今、細かいことを検討中なので、決まり次第説明します、というメールが会社から来た。
そっか。
時短の分の給与が減額されるのは分かっていたけれど、もしかしたら昇給とか、査定とか、等級とか、そんなところにも影響が出てくるのかな。

うちの会社は女性もそこそこいるけれど、育児休暇後に復帰した人は2人だけ。
30代後半や40代になっても結婚していない女性や、結婚していても子供を持たない夫婦が多いです。
その貴重な2人は、時短制度が出来る前に復職しているので、頑張ってフルタイムで働いているんですよね。
そういう人から見ると、というかそういう人もいる中、時短制度があるなら時短にします!っていう私は、会社から見るとわがままというか、復職しようとする努力が足りない人みたいに思われてしまうのかなって思いました。

保育園には間違いなく間に合わないし、夫も保育園の送迎には協力してもらえない。
もし、時短制度を使わないで復職するとしたら、どうしたらいいのかな。
今更ながら考えてみました。

1.会社の近くの保育園に入れる。
2.お迎えと一時預かりをファミリーサポートやベビーシッターにお願いする。
3.親に引っ越してきてもらう。

どれも不可能じゃないけど、最善の策ってわけでもなく。
働くママさんは、時間も分刻みで動かなければならない分大変だと思いますが、何よりも子供の負担(肉体的、精神的)を最小限にしたい気持ちに、どう折り合いをつけるかってところが一番大変なのかな。
こんなふうに考えるのは今だけで、ナナコも保育園に慣れて、私も仕事が大事になってくると気持ちが変わっていくのでしょうか。
2人目の子供がほしいのですが、子供が2人になったときの生活や私の気持ちが全く想像できません。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ