FC2ブログ

ナナコ、小学3年生。


9歳になるお誕生日の前日。

はじめてピアノの発表会がありました。


今のピアノ教室に通い始めて1年半。

この教室自体がまだ3年目で、教室としてもはじめての発表会でした。

小さな教室なので、こじんまりとした住宅街にひっそりとたたずむ小さなホール。

ちゃんとグランドピアノもあって、照明もきちんとしていて素敵なところでした。


テオドール・エステンの「人形の夢と目覚め」(ソロ)

エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴ」(連弾)


練習が嫌いで譜読みも嫌いなナナコは、家でもさっぱりでした。

4月の時点では、先生から出された宿題の「タランテラ」がなかなかうまく弾けず、

楽譜にぐちゃぐちゃに落書きをし、

先生からこれではレッスンにならないとある日のレッスンではピアノを弾かせてもらえず、

ピアノを弾くものにとって楽譜がどんなに大切なものであるか諭されました。

発表会近くなっても、たいして弾けないのにも関わらず、いい加減にしか練習をしないナナコに、

私は言いました。


「発表会まであと2週間。この2週間だけでいい。3か月分の練習をこの2週間でやりなさい。」


私から見るとそれでもたいした練習量ではなかったのですが、ナナコにとっては2週間、今までよりは頑張ったようです。


当日、慎重に、ゆっくりと演奏しました。

いつものいい加減な速弾き演奏ではなく、遅すぎやしないかい?と思うほど、慎重に演奏をしました。

たいして間違いもなく、うまく弾くことができました。

他の子どもたちはナナコよりも小さな子が多く、お友達が来ていたりしたので発表後にみんなお友達から花束をもらっていました。

一人で参加したナナコは誰からも花束はもらえなかったけど、失敗もなくよく頑張りました。


そして、今。

発表会がナナコに何かを与えたのは確かなようです。


きちんと楽譜を読む努力をするようになりました。

うまく弾けなくても、諦めずに何回も弾く努力をするようになりました。

ピアノに向き合う姿勢が確かに変わりました。


頑張れ!ナナコ。


ちなみに、エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴ」は、私が気に入ってしまい(有名ですからね)、

楽譜を買って私もこっそり弾いています。連弾じゃありませんよ。ソロで。



スポンサーサイト




いきなり重いタイトルですみません。


虐待について語る前に、昨日と今日の些細な1日についてお話しさせてください。


最近、仕事が忙しいのです。

昨日までに終わらせなければいけない仕事が、今日になっても終わらなかった。

あと、30分あれば終わったと思う。

金曜日に終わらないと、週をまたがってしまうのでどうしても終わらせたかったのに、保育園に迎えに行かなければならないぎりぎりの時間まで粘っても、時間が足りなかった。

あと30分が捻出できなかった。

くやしい。


大急ぎで会社を出て、大急ぎで保育園に向かった。

保育園のとの約束の時間にあと30秒。

保育園の駐車場に車を大急ぎで止められれば間に合った。

そのはずだったのに、園児とその母親が駐車場でのんびりお話をしていた。

「どけ」とは言えない。

無理やり車を突っ込むわけにもいかない。

辛抱強く、その親子が立ち去るのを待った。

お迎えには5秒、間に合わなかった。

延長料金だ。


ナナコとリョウを連れて帰宅した。

帰宅するなり、子供たちは学童でもらったおやつを食べ始めた。

おやつのごみの捨て方について、ナナコともめた。

たいした話じゃない。

ちゃんと、ゴミ箱に捨ててね、とお願いし、捨てたごみがゴミ箱に入らなかったので、きちんと拾って捨ててね、と言ったことから大荒れに荒れた。

夕食がナナコにとって苦手なアジの開きとひじきと見て取ると、これとばかりに猛烈に怒りを爆発させ、「もうご飯はいらない。捨ててしまえ」と言い放った。

器の小さい私は、その言葉を受け止めきれず、思わずナナコを突き飛ばした。

ナナコはすごい目つきでにらみつけて部屋に閉じこもった。


リョウが言った。

「ママ。ママも悪かったよ。保育園でも"人を押さない"って言われるよ。押すんじゃなくて、口で言うんだよ」

私はしょんぼりとご飯を食べた。

その夜は近所の工場のお祭りで、夜8時に花火があがることになっていた。

気持ちを切り替えて、リョウに花火を見に行こう、工場には見に行けないけど、近くの公園からちょっとは見れると思うから。

そして、部屋に閉じこもり、一人悠々とエアコンのきいた部屋で過ごしているナナコに、花火見に行こうと誘った。

花火は10分程度しか見れなかったけど、険悪だったムードはおさまった。


この10分の間に、前日に再配達の依頼を出してあった郵便物の不在通知が届いていた。

不在通知にはこう書いてあった。

「インターホンを鳴らしたのですが、出ませんでした。5分待ちましたが出なかったので持ち帰ります」

配達人の怒りと途方に暮れた様子が頭に浮かんだ。

ごめんなさい。

まったく何もかも、歯車がずれている。


翌日、土曜日。

朝からリョウの機嫌が悪い。

リョウはとても良い子なのだけど、機嫌が悪いとやくざのようになんにでも難くせをつける。

1歳のときのようにどこでもひっくり返って泣くことはなくなったけど、感情を抑えるのは相変わらず苦手なのだ。

こんなとき、最初は優しく相手をし、なだめ、話を聞いたりするのだが、何を言ってもダメなときはダメなので、だんだん相手をするのが嫌になってくる。

何を言っても「だ・か・ら!!あああぁぁ!!!!!」と意味不明なことを言って喚き散らして怒ってる。

このときもシャボン玉をめぐってひどく荒れた。

ここで器の小さい私は、もう嫌になって、「じゃぁ、もういいよ!好きにしなよ」と言った。

リョウの騒ぎを聞きつけて、わざわざ家から出てきて様子を見ていた隣のHさん。

「奥さん、奥さん、ちょっとね。相手はまだ小さい子なんだからね。突き放すんじゃなくて、優しく相手をしてあげないとだめじゃない」

そういわれても、頭ではわかっていても、今の私には無理。

「そうですね」

一言だけ言ってぷいっと家に入った。

どう思われてるんだろうな。


何か惨めだった。

何もかもうまくいかない。

そして、私一人悪者になってる。

仕事もうまくいかない。

子育てもうまくかない。

自分でもわかってるけど、私、母親失格なんだ。

家から出ると、また隣のHさんに声をかけられそうで、引きこもりになりそうだ。


------

ここまで、かいつまんでお話ししました。

詳細を省いたので、伝わりにくいこと、私と子どものそれぞれの感情や、Hさんがどういう人かについてまったくわからないと思います。

でもね、これがニュースで聞くような、虐待の親の描写です。

私たち、虐待の話を聞くと、

何それ。子供にそんなことするなんて信じられない。

大人なのに我慢できないなんて。

子どもが子どもを産んだんだ。


そうです。

一つ一つ、たぶん他人が聞くとたいした話じゃないんです。

仕事が終わらないのは、あんたのせいじゃん。

ごみをちゃんと捨てなかったからって突き飛ばす?

子どもがかわいそう。


そうですよね。


でも、私、先ほど書いたようなことがあっただけで、一人で泣きました。

Hさんに言われて、家に入って、まだ隣で意味不明なことで怒り続けるリョウの側でぽろぽろ涙が出ました。

なに?なに?

私、どうしたらいいの。

分かってるよ。いつも笑顔で、優しく接すれば、みんなが幸せ。

でも、今の私にはできない。

なぜだかわからないけど。


Hさんがもし、児童相談所の人なら、もっと心を閉ざしていたでしょう。

お子さんに会わせてください、と言われたら、やましいことは何もないけど断ってしまうかも。

ほっといてください、と言いたくなる。


虐待する親って、もう自分で自分がいっぱいっぱいなんです。

他人が聞けばたいしたことなかったり、なんで?って思うようなことかもしれないけど、それって虐待に限らずそんなもんでしょ?

夫婦喧嘩だったり、嫁姑問題だったり、どんなことでも。


本当に子どもを親の虐待から守りたいのなら、どうか、親をすくってあげてください。

ばかばかしいと思うことでも、あんたダメじゃん?と思うことでも、まず親の話を聞いてあげてください。

子どもではなく、親に寄り添ってあげてください。

虐待はもちろんよくないことだけど、それは「結果」であって「原因」じゃないんです。

育てにくい子だったのかもしれない。

どうしても受け入れられない言動があったのかもしれない。

親自身に心の病があったのかもしれない。


「子供がかわいそうでしょ」の前に「大変だね」の一言があるだけで救われます。



ナナコ3年生、リョウ5歳(年長)。

早いもので、リョウが生まれてもう5年も経つのか。
ナナコが3年生になろうとは。

2年生の時は、クラスや先生があまり好きではなかったようだが、3年生になってクラス替えをして、担任の先生も変わったら毎日学校が楽しいのだとか。

先日、授業参観ではじめてその先生にお会いした。
おそらく50代の女性の先生なのだけど、おもしろいししっかりしている。
子どもたちも頼りにしているのだろうが、何よりも、お母さんたちの味方みたいな先生なのだ。

先生の話はまた別の機会にするとして、その先生は子どもたちの話をよく聞いてくれて、「自然がいっぱいの教室にしたい!」という要望に応えて、教室で飼いたい生き物がいたらなんでも持ってきて良いのだとか。(といっても犬やネコはダメなのだろうが)
授業参観で教室に入ったら、噂どおり、水槽がいくつもロッカーに並んでいる。
蛙、団子虫、カナヘビ、とかげ、カブトムシの幼虫などがいるらしい。

私も何か持っていく!と生き物が大好きなナナコは、早速、日曜日に裏山からオタマジャクシとどじょうと沢蟹をとってきた。
もともと、メダカ飼いたーい、金魚飼いたーい、ザリガニ飼いたーい、と言っていたナナコに、そんなもの、誰が世話するの!?ダメ!!と言っていたのだが、学校に持っていくならいっか、と思っていた。
ところが、水槽に入っているこれらの生き物たちを見ていると、だんだん愛着が沸いてきてしまった。
どじょうの食べ物や沢蟹の飼い方、水の管理などネットで調べるうちに不安になってきた。
1週間も持たずに死んじゃうんじゃない??

沢蟹もどじょうもわりとなんでも食べるとのことなので、ご飯粒をあげると、沢蟹は両方のハサミで器用にご飯粒を1つずつ持ち、上手に口に運ぶ。

なんてラブリーなの~!

翌日、早起きをして川まで水を汲みに行った。
水道水だとカルキを抜く作業をしなければならないからだ。
朝、いつまでもぐずぐず寝ているナナコに、早く起きて、学校に行く前に綺麗な水にしてから水槽を持っていきなさい!
どうせ水を替えたりしないんでしょ!と水を替えさせた。

ナナコは水槽を持って学校に行った。
Oh、沢蟹!
次に会えるのはいつなの~。
ナナコ~。
水が汚れたら、カニが泡吹いたらすぐに持って帰るんだよ!

そんな寂しい朝の沢蟹とのお別れから10時間後。

無事に今日は沢蟹が戻ってきました。
なんでも、クラスのお友だちが、水槽に砂を入れたのだとか。
砂なら良いのでは?と思ったが、水をきれいに!と口酸っぱく言った私の言葉どおり、砂で汚れたから持って帰ってきたのだとか。

砂より、その餌として入れたと思われるパンのかけらが沈んでることの方が問題なんじゃない??

きれいにしてまた、明日学校に持っていくんだってさ。
楽しそうで羨ましいですな。

ナナコ小学2年生。リョウ4歳(年中)。

学童の保護者会のイベントが1つ控えているので、忙しくなかなかブログ更新できません。
すみません。

うちの近くに蛍が出る田んぼがある。
森の中にあり、もとは荒れた土地で草ボーボーだったところを有志の方たちが復興田として整備したところである。小さな田んぼで開けた場所ではない。見通しは悪い。
田んぼの周りは森におおわれている。
そこに至るまでの道も狭く、鬱蒼としており、蛇もたくさんいる。
犯罪者や自殺者でもいそうな雰囲気である。

そんなところに、先日、ナナコを連れてドジョウや鮒を捕りに行ったら大喜びだった。
しかし、それからすっかりそこに行くのが楽しくなってしまい、翌週の週末は近所のお友達を誘って田んぼに行くつもりになっていた。
このときは、お友達のお父さんが付き添ってくれた。
そして、そのまた次の日曜日。
今度は違う男の子と約束してきたようで、昼過ぎにお友達が網と水槽をもってうちに現れた。
ナナコはあっという間にどこかに消えてしまった。

しぶしぶリョウを連れて田んぼに行ってみると。。。
いたいた。
網を持った二人が。
別の男の子も合流して、3人でカエルを必死になって追いかけている。
そして、水槽の中はつかまえた大量のカエルでぎゅうぎゅうである。
靴も服も泥だらけ。
子どもたちだけでここには来てほしくなかったのに、勝手に行ってしまい、結果的に付き添うことになってしまった私はいらいらが止まらない。

が、しかし。
私自身も子どものころは、川や沼でおたまじゃくしやカエルや沼エビやメダカやサンショウウオなど、ありとあらゆるものを捕まえて喜んでいた。
田舎だったこともあるし、何よりも今よりももっと大らかな時代だった。
1歳や2歳のころから、近所の子供と親の付き添いもなく空き地に虫を捕りに行ったりしていたし、それが当たり前の時代であった。

そう思うと、見た目は泥だらけなのに、3人の目はきらきらと輝いていてまぶしい。
もう帰るよ!と何度もカツを入れるのだが、なかなか最後の1匹、がエンドレスに続いて終わらない。
お友達のお母さんにもこっそり連絡し、そのお母さんはお友達が持っている携帯に電話をしてくれているのだが、夢中で一向に気が付かない。
楽しいよね。わかるよ!
子どもたちだけで来てほしくないけど、この場所がまた、冒険心をくすぐるんだよね。

と思いつつ、ナナコを一喝して帰らせました。
いいなぁ。
私も子供に戻りたいわ。

ナナコが、学校から膨大な製作物を大きな袋で持ち帰ってきた。

図工で書いた絵。
アサガオの観察日記。
遠足の時の絵。
紙粘土で作ったなんだかわからないもの。

これを18時過ぎに自宅に帰るなり、ひとつひとつ説明を始めるので、全く何もできない。
つい最近、
「ママっていつも、すごいね!しか言わないよね。」
と注意されたばかりなので、迂闊に適当な相槌も打てない。
もちろん、ゴミの山を持ち帰ってきた、なんて、ちらりとも考えることは許されないのである。

しぶしぶ、着替えも猫の餌もそっちのけで説明を聞いていると、やっぱりこの1年で成長したよね、と思う。
鳥が大好きなナナコは本当に鳥の絵が上手だった。
製作物を入れるために学校で配布されたと思われる不敷布の大きなバッグには、虹と富士山と音符の絵。
反対側にはパパとママとリョウと猫の絵が書いてあった。

毎日子供たちに怒ってばっかりの私だけど、いつ、手元から離れていってしまうのだろう。
今が一番幸せなのかな。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ