FC2ブログ

本日、採卵後2日目の受診に行ってきました。
2個の採卵ができてちょっと嬉しかった私ですが、やはり現実はそう甘くはありませんでした。

先生は受精卵の写真を見せながら言いました。

「受精はしました。でもね。ほら、ここに1個、2個、3個の核が見えるでしょ。これ、3倍体っていうんです。
人間の染色体は通常、2個単位で持っているんですね。
で、卵子に1個、精子に1個ずつあって、それで2個になるんです。減数分裂っていうんですけどね。
だから、ここに本当は2個の核があれば正常なんですが、3個あるでしょ?これは卵子のほうに何かしら異常があって、2個の染色体を持っていたんですね。こういうのって、例えば精子が2つ卵の中に入ってしまってこんなふうになることもありますね。5倍体とかそういうこともあります。」

珍しく、こんなふうに詳しく説明してくれました。
今日はクリニックがすいていたせいかもしれません。
続けて、

「もう1個の卵子ですけどね。ちょっと無理に採ったということもあって未成熟だったんです。それで受精しなかったんです。次の日になるとちょっと成熟が進んだんですが、結局受精しませんでした。
まぁ、年齢と言うこともあるでしょうが、こんなことになって残念ですけどね。排卵があるうちはチャンスもありますからね。」
と言いました。

最後の一文、もう何回聞いたことか。聞き飽きました。
今周期の通院はこれで終わりになりました。
来月はゴールデンウィークと排卵が重なりそうなので、お休み周期になる可能性が高いです。

期待しない、と思いつつも、今回は卵が2個とれたこともあり、妊娠までは行き着かなくても、今までよりは少し良い事があるんじゃないかと勝手に想像していました。
自宅には東北の実家から避難している両親がおり、両親には不妊治療のことは内緒なので何も口に出せません。
それで今朝の出勤のとき、保育園に行くために自転車にナナコを乗せて、保育園までの道すがら何も知らないナナコに
「ねぇ、ナナちゃん。今度の卵ちゃんは何分割くらいすると思う?今日は2日目だから4分割から6分割くらいになっていて欲しいんだけど、まぁ控えめに今回は2分割まで進んでくれることを目標にしよっか。」
なんて話しかけました。まぁほとんど独り言に近いんですけど。

でも、2分割にもなりませんでした。
クリニックで話を聞いているときは、自分と現実の間に薄い膜ができたように、ショックとかそういう心の揺れがありませんでした。遠くで誰か他の人の話を盗み聞きしているような感じでした。
でも今、やっぱり悲しくて、誰かに話を聞いてもらいたいのに夫は今日も夜勤で不在です。

体外受精に進むと、どこで失敗したのか見えてしまうから、「採卵まで出来た!」とか「分割した!」とか一喜一憂するのですが、本来ならば赤ちゃんがやってきてくれることが目標であり、何か見失ってしまう気がします。
今の私に出来ることはもう、自分が信じる神さま(?)に「赤ちゃんを授けてください。」と祈るだけです。

ナナコ。大好きな大好きなナナコ。
私のところに来てくれて、本当にありがとう。
妹か弟は来てくれるのかなぁ。
スポンサーサイト




D14。
朝9時から採卵してきました。
結果から先に言うと、嬉しいことに2個採卵できました。

排卵間近の私の卵巣でしたが、自分の身体は自分が一番よく分かるもので、今朝の状態から「あれ?もしかして、もう排卵始まってない?」と不安いっぱいでした。
クリニックでは本日3人ほどの採卵の人がいて、私は1番でした。

通常、点滴や血圧計などをつけてすぐに採卵手術が出来る状態にした後で医師の診察なのですが、先月は採卵前に排卵の可能性が高いとのことで、先に医師の診察が行われ、「採れるかも!」と判断されて麻酔を打ち採卵を試みたところで卵胞がつぶれて(要は排卵済み)、採卵できませんでした。
今回は排卵抑制の注射を打っていたためか、即、点滴の準備をされたので「排卵済みの心配はないのかな?」と思いました。

8時55分に先生が入ってきて、内診が行われました。
超音波のモニターを私のほうに向けて、
「この卵胞をまず採りますね。それから、もう片方にこれ。こちらも採りますからね。」
と計2個の卵がとれそうとの話をしました。
「麻酔が入りました。」と声が聞こえ、しばらくしてまた、目の前が真っ暗になりました。
お腹をぎゅうぎゅう押されている感じがあり、痛みを感じました。

・・・

採卵が終わると同時に麻酔から覚めました。
まだ身体の自由が利かず、目の前の景色がだんだんと採卵室の様相に戻ってきました。
ふらふらの状態で看護師さんに支えられながら、別室に案内されました。
今回はどうにもお腹が痛くて、鎮痛剤がほしいなぁ、と思いましたが、ナースコールがあるわけでもないので誰かを呼ぶこともできません。
2日目の生理痛のもう少し痛いくらいだし、こんなの陣痛の痛みに比べれば大したことない。
そうだ!ひーひーふーとラマーズ法で痛みを逃がせばいいのでは?と思い、ヒーヒーフーと息をしてみましたが、ばかばかしくなってやめました。
ナナちゃん・・。今頃、パパやおじいちゃん、おばあちゃんと元気に遊んでるかな?
ナナコ、早く会いたいよう。
そんなことを思いながら1時間。
つけていた点滴が全て終わり、看護士さんが来てくれたので鎮痛剤が欲しいと訴えると、すぐに持ってきてくれました。
「今回は少し、卵が採りにくかったのでお腹を押したりしたんです。だから痛いのかもしれませんね。」
と言われました。
結局、卵は採れたの?ダメだったの?
あと、このお腹が痛いのをなんとかして~。
今日が日曜日で、仕事の日じゃなくて良かったよ。

11時過ぎ。
やっと採卵後の診察の時間になりました。
先生は内診をしながら
「もう子宮の膜も変化してきているし、本当にぎりぎりのところでしたね。紙一重でした。」
と言い、2個の採卵ができたと告げました。
それから、夫の結果をぴらっと出し、
「全然動いていませんでした。今回、顕微に回しますね。」
と、顕微授精になってしまいました。
嫌だけど仕方がありません。

次回の診察は2日後。
だいたい、いつものパターンだと、受精しなかったとか卵が壊れちゃってましたとかで、2日後の診察でこの周期が終わってしまうので、次回の診察が1つの山場なのですが、もうあまり期待せずに診察に臨みます。
今回は両親がいてくれたおかげで、平日、会社の休みを取ることなく採卵2日後の診察までは行けそうなので、本当に感謝です。

D12。
会社の帰りにクリニックに寄ってきた。

卵胞チェックをすると小さめな卵胞がいました。
先生が
「卵巣が活発になってきていますね。もう排卵しそうですね。」
と言ったので、思わず「またですか。」とため息混じりに言ってしまった。
すると、
「いやいや、子宮の膜はいい感じになっているんですけどね。卵胞は20mmないですから、結局は予定どおりなんですよ。ただ、こことここに卵胞がいるでしょ?どちらも同じくらいの大きさなので、どっちが首席卵胞か分からないんです。どちらを狙うか、ということなんです。うまく採れるかもしれないし、採ってみても空かもしれないし。」
と言った。

今日は排卵抑制のガニレストの注射を1本。
今日の夜23時~1時の間にhcgを自己注射。
採卵は4/3(日)9時から、という流れになりました。

今夜は夜勤のため夫がいません。
夜中の自己注射。
現在、地震被害でうちに避難中の両親に気付かれず、ナナコが夜中に起きて泣かないことを祈りながら、こっそりと自己注射します。

今度はちゃんと採卵できて、ちゃんと分割してくれますように。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、まったく心に余裕がありません。

私が今、一番欲しいもの。
赤ちゃん?
それはそうなのだけど、そうじゃない。
時間?
そうね。それがあれば、もっと生活に余裕があるかもね。
たっぷりの有給休暇?
不妊治療の通院を気にしなくてもいいかもね?

でも、違うんです。
今、ほしいものは、自分ひとりだけの時間。私の愚痴を黙ってきいてくれる人。
そして「大丈夫。」という言葉。
仕事と育児と不妊治療の三本柱は、本当に辛い。
仕事をしながら育児をしている人が会社にあまりいない。
いても、私自身に時間がないので、ゆっくり話す暇など無い。
時短制度を使っている人となると、誰もいない。私が唯一の利用者だ。
不妊治療をしている人などいない。(知らないだけかもしれないけど)
どこにも苦労話をすることが出来ず、私の中にため込むだけ。
唯一話せる相手は夫だけと言うのに、夫はいつもいない。
夫が仕事で大変なことはとてもよく分かっているのに、心に余裕がないからねぎらいの言葉をかけてあげられなくて、それはそれで自分が嫌になってしまう。
どうして仕事ばっかりなの。
私だって思いっきり仕事したいよ。
保育園からの呼び出しとか、不妊治療での通院日のことを気にせず仕事して、仲間の役に立ちたいよ。
プロジェクトが終わったときに、みんなと一緒に「お疲れさま。無事終わって良かったね」と言いたいよ。
でも、今の私は
「みんな忙しくて、残業や休日出勤しているときに、毎日早く帰って、お休みもいっぱいもらってゴメンね。」
まず最初にそんなふうに考えてしまう。
そんなこと考える必要はないのだとは思うけど、やっぱり仕事への貢献度は低いから感謝もされない。

それでも、ナナコが一番好きだから、育児を続けていける。
ナナコに兄弟を作ってあげたいから不妊治療も頑張る。
でも、誰から感謝されるわけでもなく、先が見えるわけでもない。

夫は忙しいからあまり話を出来ない。
今は両親が自宅にいるので、ナナコのお迎えをしてもらったりして助かる面もあるのだけど、育児に口を出されていらいらすることも多い。
特に母親は、ナナコが○○できたのは自分のおかげ、みたいな発言が多いので、それじゃ今まで頑張ってナナコを育ててきた私はダメってことですかい!?と思ってしまう。
これも心に余裕がないせいですよね。
何を言われても「はい、はい」と聞き流しておけばいいんですけどね。

誰も私を助けてくれないのなら、せめて私の邪魔をしないで。
私を一人にさせて。
そんなふうに思っちゃう。

はぁ~ぁ。ダメだな。私。
読み返していて恥ずかしいよ。
誰も悪くないのに、全部他人のせいにしているよ、私ったら。
でも、悲しいかな、これが今の自分なんだよね。

どうしたら心に余裕が持てるようになるのかな。

D10。クリニックに行って卵胞チェックしてきました。

分かりやすい位置に卵胞があり、大きさは14mm。
先生は
「今回も薬を使わず、排卵を止める薬も打ったとしても1回くらいにして自然で行きましょう。採卵は多分、4/3の日曜日になるかな?」
と言いました。
また明後日の診察で変わるかもしれませんが。

今回は、夫が月に1回、1週間の夜勤に入ってしまいます。
夜勤と言っても、出勤が夕方17時。帰宅は昼前の11時。自宅には昼間11時~17時までの6時間しかいません。
この期間に採卵になってしまうと、夫のものをもらうことが出来ず、採卵がキャンセルになってしまいます。
今回はこの夜勤の間に採卵になってしまうのですが、日曜日は夜勤がないのでなんとかなりそうです。
でも、採卵日が1日でもずれたらアウトです。
はぁ~。毎回危ない橋を渡っているな。大丈夫かな。

4月にはいると年度が替わるので、会社の有給休暇も新しくもらえます。
有休は、前年度分に残った分は今年度に持ち越せます。(前々年度のはダメ)
私は育児休暇に入る前は仕事が忙しくてお休みをほとんど取得できず、毎回捨ててしまっていました。
育児休暇があけて会社に復帰したのが11月。
前年度、まるまる持ち越した有給休暇22日分を今年度の11月~3月までの5ヶ月で使えば良かったので、残日数を気にすることなくお休みを取得できました。
ところが4月からは、12ヶ月で使える有給休暇は22日。(厳密には、今年度の持ち越し分がもっとあるのですが)
そのうち、5日間は夏休みで強制的に消えていくので、実質17日。
17日÷12ヶ月=1.4日。
つまり、平均して月に1.5日程度しかお休みを取得できない計算になります。

これは厳しい!
だって、不妊治療をすると、採卵で0.5日。移植(まだここまで進んだことないけど)に0.5日。
これだけで、月に1日は使ってしまいます。
他に通院があったり、ナナコの体調不良で会社を休むと、あっという間に有給休暇がマイナスに!
う~~む。辛いよう。

ところで、今回の地震で亡くなった方々の名簿がネットで見れるので、なんとなく眺めてみました。
お年寄りも多いですが、0歳や1歳の赤ちゃんもいて、ナナコと同じくらいの子、と考えるととても胸が痛みました。
また、中には100歳を超えた方もいらっしゃって、せっかくここまで長生きしたのに地震で亡くなるなんて残念だなぁ、という思いもありました。

輪廻転生を信じているわけではないですが、2万人もの方の魂が今、天国にいるのならば、きっと天国の人口密度(魂密度?)は今高いから、私のところに降りてきてくれないかなぁ。。。

D6。地震後、初のクリニック通いでした。

前回は採卵できず、黄体補充もしなかったせいか、あっという間の周期25日で生理がきました。
昔はちゃんと28~30日はかかっていたから、やっぱり歳のせいなんだろうなぁ、とがっくりしましたが、しかたがありません。

まず、前回の夫のものの検査結果。
「あまり良くないですねぇ。」
と言われて、ぴらっと出された検査結果には、「精子数 120万/ml」となっており、過去最悪の数値。
だめじゃ、こりゃ。
内診の結果、
「左の卵巣から原始卵胞が見えてきていますね。まだ1週間くらいはかかりますね。おそらく(採卵は)次の週末くらいになるでしょう。」
とのこと。

採卵が週末にかかるのは、私の仕事に影響はないから嬉しいけど、逆に夫のほうは月末月初は夜勤に入ってしまうため、夫のものを預かることができず厳しい。
加えて更に問題は、今、自宅に避難してきている両親の存在。
両親には不妊治療のことは内緒なので、採卵当日、どうやって夫のブツを回収するかが悩みであります。
今までは、夫が一人で2階の1室にこもってなんとかしていましたが、今はそこは両親の部屋になっています。
残りの部屋は、あまりプライバシーがあるとは言えず、どうにも困ったもんです。
まぁ、両親の存在も一長一短で、採卵前の通院時にナナコを保育園に迎えに行ってもらえるので、そこは助かります。といっても、「仕事があって・・・」と嘘ついて通院になるんですけどね。
週末が採卵になろうものなら、本来会社はお休みだと言うのに、休日出勤のため、と嘘ついて、朝早くからクリニックに行かなければなりません。
とはいえ、今回は週末に夫が出勤のために不在の可能性もあり、やはり助かったと言うべきか?

計画停電でも体外受精が出来るのかと聞いたところ、万が一、朝の時間に計画停電があったら、自家発電により夜に行うそうです。だから、大丈夫、と言われたのですが、夜は夜で問題が。
時短勤務のはずなのに、残業があると言い訳をしてナナコのお迎えだけでなく、ご飯からお風呂、寝かしつけまでお願いすることになってしまいます。
あまりにも不自然・・・。
夜の体外受精は、夜勤の夫には朗報かもしれないが、私には困るなぁ。
だいたい、他にも何人かメンバーがいるのに、何で毎月毎月、夫だけが夜勤の担当なんだ?
しかも、担当のシフトを組んでるのは夫自身だし!
他のメンバーと入れ替えで夜勤すればいいのにさ!(←と、また夫に矛先が向いたりして^_^;)

はぁ~。
次回もうまく行く気がしないなぁ。
えい!こうなったらもう、移植まで行かない記録が何回続くか挑戦だ!(泣)
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ