FC2ブログ

35w4d。

産休に入ったら毎日ブログを更新すると思っていたけれど、なかなか現実にはそうもいかないもんだ。
しかも、今までは本当の意味での産休ではなく有休をとって会社を休んでいただけ。
本当の産休は今日からで、産休に入ると保育園の預り時間が短くなってしまう。
つまり、自分の時間も短くなってしまうわけだ。
ナナコのためにはそのほうが良いと思うのだけれど・・・。

さて、前々から書いておきたいことがあった。
今回、2人目を授かるために体外受精で12回も採卵を繰り返し、初めて胚盤胞まで至った採卵周期の2個目(最後の卵)で無事に妊娠に至った。
43歳という年齢を考えると本当に奇跡であることに違いない。
ただ、私は子供を持つならどうしても2人以上の子供が欲しかった。
私は、自分自身が独りっ子だったからだ。
よく、自分は独りっ子でも何も気にしたことがなかった、という発言をネットで見かけるのだけれど、私は嫌で嫌で嫌で嫌でたまらなかった。
周りの大人から、何かにつけて「独りっ子だからね」と言われたからだ。

私の人となりを見て、我がままだとか自分勝手だとか、そんな判断をくだして「独りっ子」のせいにするのならまだ諦めもつく。
でも、初対面の人に
「あら、独りっ子なの。じゃぁ、親に可愛い、可愛いっていろんなものを何でも買ってもらえて大事に大事に育てられたのね。」
とか言われると、子供心に
「じゃぁ、お前は自分の子供を大事に育てなかったのかよ!?」
とツッコミをいれたくなってしまったもんだ。
それに、私の親は私の欲しいものを何でも買ってくれたわけではない。
私自身、小学生になると周りにそう思われるのが嫌で、自分でコツコツ小遣いをためて欲しいものを買った。
私は実母が今でも苦手であまり内面的な会話をしたくないのだが、それには「独りっ子だから」を超えた別の理由がある。
とにかく、そんなわけで自分の子供を独りっ子にしたくなかった。
私が幼い頃はまだまだ児童数が多くて、小学校の時には確か1クラスあたり40人近い児童がいて、そんなクラスが5クラスもあったのに、独りっ子は同じ学年に私以外に2人しかいなかった。
今はもっと独りっ子の割合も多いのかな?
私は今でも「兄弟は何人?」と聞かれるのが嫌で、兄弟の話になると寡黙になってしまう。

話は少し変わるが、2週間前に美容院に行った。
行きつけの美容院の店長さんはサバサバして明るくてとても良い方なのだけど、いつも気になることがある。
この店長さんには小学校5年生の息子さんが一人いる。
なかなか子供に恵まれなくて、まぁいないならいないでもいっか、と思っていたら授かったそうだ。
自分でお店を切り盛りしている店長さんは、赤ちゃんが生まれる直前まで仕事をし、生まれてもすぐに仕事に復帰した。
「2人目はとても無理よ。お店があるもの。」
と赤ちゃんが生まれたときに言っていた。それも仕方のないことだと私も思う。
でも、子供がだんだん大きくなり小学生に入る頃になると会話の中で子供の話になったとき
「あいつは本当に気が弱くて、甘えん坊でね。独りっ子だからなのかね。私の子供の頃とは全然違うのよ。」
と、やたら何かにつけて「独りっ子」を強調し始めた。
でも、話を聞いていると、
「そりゃ店長さん。それは子供に手をかけすぎじゃないですか?」
と言いたくなってしまう場面もよくある。
子供の服を着替えるのを手伝ってあげるとか(袖を通すとかね)、夜は同じ部屋で寝るとか。
それで、「独りっ子だから本当に甘えん坊でね。」と言われると、なんか息子さんがかわいそうになってしまう。
それは親であるあなたがまっ先に言ってはいけないのでは??

独りっ子だけが差別されるわけではないと思うけど、やっぱり「独りっ子だから」って言葉は使わないでほしいな。
だって、それは本人には変えることができないのだもの。
性格は自分の努力次第でなんとか変えられるかもしれないけど、環境はどうしようもないものね。

独りっ子の私には兄弟がいないから必然的に、ナナコの従兄弟も夫の弟の子供のみであり、さらに私の親は自分の故郷から遠く離れて住んでいるので、私が実家に帰省したところでおじいちゃんおばあちゃん以外の親戚の子供に会えることもない。
ナナコから見て母親(つまり、私)の親戚づきあいはほぼ皆無になるわけだ。ちょっと寂しいよね。
夫の兄弟も弟のみで、特に仲が良いわけじゃないし。
だからナナコにはどうしてもどうしてもどうしても兄弟を作ってあげたかった。
それが、ただ単に親のエゴであったとしても。
スポンサーサイト

34w4d。

あと6週間以内に赤ちゃんがうちにやってきてくれるのだろうか?
何も準備をしておらず、名前も決めていない。なんとかしなくちゃ。

産休に入って髪を切ったり、庭の草むしりや家庭菜園の畑仕事など、今までできなかったことを積極的にやるようにしている。
ここ神奈川は毎日毎日残暑が厳しいが、それでも着実に秋は近づいていて、日の出も遅くなり日の入りも早くなった。8月は朝5時20分に起床すると既にセミがうるさく鳴いていたのに、今はまだ薄暗く涼しい風が吹いている。
ナナコを保育園に送るのに未だに自転車を使っている。
もう会社にも行かないので車で行きたいのだけど、ナナコは自転車が良いというので仕方なく自転車を使っている。
帰宅時は暑くて自転車置き場に蚊がたくさん出るので車で迎えに行くのだけど、ナナコは不満げな顔をしている。
このままでは出産日前日まで自転車に乗らなければならなくなってしまう。

里帰り出産でもなく両親も頼らない予定なので、陣痛が来た時と産後のナナコの世話が出来るかどうか不安だ。
実母、義母、共に手伝いに来てくれるとは言ってくれているのだけど、よっぽど難産で起き上がるのも困難でない限り、遠慮したいなぁというのが私の希望なのだ。
ナナコが保育園に行っている間は、私と赤ちゃんの2人だけのほうが誰にも気兼ねなく過ごせるような気がするからだ。
例えば、2,3日お風呂なんか入らなくてもいいし、お掃除なんかどうでもいいし、授乳の時にオッパイをポロっと出したまま居眠りしてしまっても誰もいなければ気にしなくていいし、パンツ一丁で過ごしたっていいのだ。
親がいれば、私が寝ている間、隣の部屋でテレビは観るだろうし、何を食べたいだとか買い物に行ってくるだとか、どうしても会話があるだろうが、私は赤ちゃんの世話以外、赤ちゃんが寝ている時間は余計なことを考えずにだらだらと過ごしたいのだ。
まぁ、産後の私と赤ちゃんの体調にもよるのでそんなに都合良くいくのかどうだか分からないけれど。

心配なのは、ナナコの保育園の送迎とナナコ(と自分)の食事である。
産後の送迎は、夫とファミリーサポートさんにお願いしたので、陣痛時の心配さえ乗り切れば大丈夫そうだ。
食事は、つわりで3ヶ月苦しんだ時と同じように、冷凍食品を大量に買い込み、自分もおかずを大量に冷凍しておき、具沢山の味噌汁を作ることで1ヶ月を乗り切る予定である。
冷凍に向いたおかずレシピがあれば誰か教えて欲しい。


33w6d。

会社に申請した本当の産休開始は9/18からなのだけど、今年度に消えてしまう繰越有休を消化するべく本日から会社を休むことにした。

GW後から続けていた会社へのお弁当持参や、帰宅後、かまってほしいナナコをなだめすかしつつ夕食を作るのが毎日毎日大変だったのだが、その苦労から開放されるのが何より嬉しい。
妊娠9ヶ月ともなるとお腹が大きく、重くて坂道や階段を昇るのが一苦労。(33w2d時点で腹囲86cm。推定体重は約2100g。)
ナナコを妊娠時の同じ時期よりお腹が大きく、胎児も1週間ばかり大きめなので無事に産めるのか不安だ。
37週を超えたらすぐにでも産んでしまいたいが、ちょうど37w1dにあたる土曜日にナナコの保育園の運動会があるので、そこまではお腹に居てくれないと困る。
運動会が終わってすぐに陣痛が来てくれないかな・・・。

ナナコの時より自分が年をとったせいなのか、2人目だからなのか、お腹の子が男の子だからなのか分からないが、今回は変なところに静脈瘤が出来たり、血液検査の結果、貧血を指摘されて鉄剤を処方されたりして、若干マイナートラブルが多い。
でも、ずっと不妊治療を重ねて来てくれた、大事な大事な私の赤ちゃん。
どうか無事に、元気に産まれて来て欲しい。

一方、ナナコはというと、お腹に赤ちゃんがいることをちゃんと知っているので、積み木でおうちを作っては
「ナナちゃんとー、パパとー、ママとー、赤ちゃんが住んでるの!」
と言っている。
庭で収穫した大好きなブルーベリーを食べていると、
「赤ちゃんにもあげる。ハイっどうぞ。」
とお腹にブルーベリーを差し出している。
きっと面倒見の良いお姉ちゃんになってくれるだろう。
と思いきや、今朝は朝起きてから保育園に着いても大泣き。
はナナコは私が身重なのを知っているので、普段は私に抱っこをせがまない。
それなのに、今朝は保育園の先生に引き渡すために移動するのも抱っこをせがんだ。
やっぱり、何か不安を感じているのかもしれない。

週末もナナコの世話で精一杯で出産の準備が何も出来ていないが、ちゃんとやっていけるのか?
産休中になんとかしないとな。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ