FC2ブログ

8時30分。

やっと夫が戻ってきて陣痛室に顔を出した。
ナナコはどうだった?と聞くと、車の中で「保育園行かない。ママを迎えに行くんだ!」と言っていたそうだ。
夫が戻ってくると同時に内診され、子宮口は7cmだと言われた。
全然進んでないですね、というと、でも歩けるうちに分娩室に行きましょうと促された。
ナナコの時は混んでいたので、子宮口が9.5cmになって死ぬ思いでやっとこさ、歩いて分娩室に行ったものだが・・・。

それでも確実に陣痛は強くなってきた。
分娩室に入ると、院長先生が現れて言った。
「まだ陣痛の間隔が長いからね。すぐに産まれるというわけではないけれど、痛いよね。早く終わらせたいよね。これからの手順を説明します。まず、破水させます。羊水の状態をチェックします。それから、へその緒の状態をチェックします。無事に分娩できそうならそのままお産になります。」
多分、こんなことを言ったのだろうけど、痛みで返事をするのがやっとだった。

足元に生温かい水が流れた。
「破水しました。羊水は透明できれいです。」と声がした。
その後のことは痛みに耐えるのに必死でよく分からない。
へその緒の状態はどうなんだろうか?
赤ちゃんに巻き付いたりしていないのだろうか?
破水すると途端に陣痛が強くなり、ヒーヒーフーの呼吸では耐えられず、ヒー、フー、ヒー、フーと大声を出さずにはいられなかった。
別の医師が現れた。
3年前、ナナコの出産に立ち会い、かつ5年前、流産したときに手術してくれたT医師だった。
ナナコの出産の後、当時40歳だった私にT医師は言った。
「まだまだ、あと一人くらいは産めるよ。大丈夫だよ。」
その言葉どおり、苦労したけどまた分娩台に戻ってきたよ。
どうか、ちゃんと赤ちゃんが元気に出てきてくれますように。

子宮口がいつ全開大になったのか分からなかった。
だから、いついきんで良いのかも分からなかった。
でも、もう身体が勝手にいきんでしまう状態になっていた。
1回目にいきんだとき、会陰部を切開されたのが分かった。でも、それに対する痛みはなかった。
すぐそこに赤ちゃんが来ているのが自分でも分かった。
2回目の波でいきんだとき、多分、赤ちゃんの頭が見え隠れしていたのだろう。
T医師が「今回は休んで、次の陣痛で産もう。」と言った。
3回目の波が来ていきむと、助産師さんが「はい、もういいよ。呼吸を楽にして」と言った。
赤ちゃんがお腹の中からズズっと出てきて、重く苦しかったお腹が楽になった気がした。

赤ちゃんは「フエ〜、フエ〜」と小さく泣き、それから少しして大声で泣き始めた。
「おめでとうございます。男の子です。」
と、まだ身体が赤黒く、血と皮脂がたくさんついたままの赤ちゃんを触らせてくれた。
体重は3340g。
38週の妊婦検診の推定体重より500gも重かった。
そりゃナナコの時よりお腹も大きく重いわけだわ・・・。

3連休明けの早朝に陣痛が来てくれたので、連休中は夫とナナコの3人で過ごせたし、産気づいてすぐに夫に病院に連れていってもらうことが出来たし、ナナコを保育園にあずけて夫の立会い出産も出来たし、本当にベストなタイミングで産まれてくれた。
小潮のせいか(?)病室はすいていて、初日以外は個室(正確には2人部屋に一人)で過ごすことが出来た。
ナナコの時は同じ日に10人弱の赤ちゃんが産まれたが、今回は私を含めて3人だけだった。

いろいろな面で満足のいくお産をすることがきました。
スポンサーサイト

38週3日。
とうとう3連休の終わりの日。
もうお腹が重くて自由にならないのが不便で、今週こそは私のお腹から出ていってもらう(怒)、と決めた。
私が決めたところでどうにもならないのだけど。

38週4日。
毎晩、頻尿で2時間おきに目が覚めてしまう私は、この日も5時に目が覚めた。
体調に何の変化もないのを感じ、昨夜もダメだったか、とがっかりした。
ノロノロとトイレに行くと、出血のあるおりものが出ていた。
今回は内診の刺激による出血じゃない。おしるしだ!
一両日中に陣痛が来るかも?と期待した。
夫がいないときに陣痛が来たらどうしよう?
そんなことを考えていると、急にお腹ににぶい痛みを感じた。
軽い生理痛のようだった。
今までも想像妊娠ならぬ想像陣痛(?)でお腹が痛いことがあったから、今回もそれだろうと思った。
しかし、すぐに痛みはおさまるが少ししてまた痛みがやってきた。
生理が始まる前のような軽く鈍い痛みだった。
もしかして、陣痛???
試しに時間の間隔を測ると、5分から10分おきに痛みはやってきていた。
経産婦の場合、陣痛間隔が15分になったら病院に来てくださいと言われていた。
こんなに軽い痛みでも病院に連絡して良いのだろうか?

とりあえず、まだ気持ちよく寝ているナナコのためにサンドイッチを作り、自分も朝食を食べた。
6時前に起きてきた夫に、もしかしたら陣痛がきたかも?と告げると、夫も急いで身支度を始めた。
朝、お通じがあったので、とりあえず軽くシャワーを浴びてそれから病院に電話をした。
痛みはひどくないが5〜10分間隔だと伝えると、破水してしまうと面倒なので病院の方に来てください、と言われた。
いつもならなかなか起きないナナコが、珍しく起き出してきたのはラッキーだった。
毎朝、ナナコを起こすのに朝から多大な苦労を強いられているが、その日に限ってそれがなかったからだ。
6時40分になり、まだサンドイッチを食べきらないパジャマ姿のナナコを連れて、夫の運転する車で病院に向かった。
陣痛は少し強めになって、ヒーヒーフーの呼吸で息を整えた。
7時前に病院に着くと、スタッフが手を貸してくれて、陣痛室に向かった。
陣痛室には夫は入れるが、ナナコを連れて行くことは出来ないので、陣痛室の外で状況を聞いたあと、ナナコを保育園にあずけてから戻ってくると言った。
この日の担当の助産師さんは、偶然にも3年前、ナナコを取り上げてくれた助産師さんだった。
内診して「子宮口は7cm。でも、頑張ればすぐにでも産めてしまいそうなくらい子宮口が柔らかいね。まだいきみたくない?」と聞いた。
まだまだ我慢できる範囲の痛みで、いきみたい感じはなかった。
夫に状態が伝えられたようで、夫は一旦帰宅しナナコを保育園にあずけてまた来る。8時ごろには来れるそうだ、と伝言を聞いた。
立会い出産を希望していた私に、助産師さんは「それじゃ、旦那さんが戻ってくるまであまり刺激しないでそっとしておきましょう。」と言った。

5床ある陣痛室で、陣痛に耐えているのは私一人だった。
ナナコの時はたくさんの妊婦が入れ替わり来たものだが、今は小潮だから空いているのかな、と思った。

妊娠37週を過ぎると正産期なので、お腹が重くて重くてたまらない私は1日も早く生んでしまいたかった。
37週2日にあたる9/29(土)にナナコの保育園の運動会があるので、そこまではお腹にいてもらい、その週末の間に陣痛が来ればいいな、と思った。
37週3日にあたる9/30(日)は大潮。
この波に乗って出産に行きつくだろうと勝手に想像した。
保育園の運動会の日の午後の妊婦健診での推定体重は2800g。
子宮口は3cm開いているとのこと。
既にナナコの出生体重より重い。
内診の刺激からか出血があった。このままおしるしにつながればいいのに。

しかし、翌日も翌々日も体調になんの変化もなかった。
3日続いた出血も止まってしまった。
よく、陣痛は夜中や明け方に来るらしい、という情報を得て、今夜こそは!と意気込んで夜寝るのだが、朝になると何事も無く目が覚めた。
これでは大潮の波が去っていってしまう。
次の大潮は39週。
もしかして予定日まで産まれてこないのか?
37週を過ぎて一生懸命歩いた。
お腹の赤ちゃんはだいぶ下がっていて、骨盤に収まっている様子が体感的に分かった。
子宮口が柔らかく桃のように熟しているのも分かった。
毎日、おりものが大量に出た。
でも赤ちゃんは産まれてくる気配がなかった。

そうこうしているうちにとうとう38週になった。
ちょうど10月の3連休なので、この連休中に陣痛が来てくれれば夫が在宅しているので心強い。
38週1日の妊婦健診での赤ちゃんの推定体重は2800g。
1週間前とほとんど変わらなかった。
こんなにお腹が重いのに、本当だろうか。
子宮口も3cmのまま。ダメだこりゃ。もう小潮になってしまったし。
ナナコは38週1日で産まれたのにな。

外出先で破水するのも嫌なので、ウォーキングをやめて家の中の雑巾がけを始めた。
埃だらけの押入れの中もきれいに拭き掃除した。重いお腹で天袋まで掃除した。
連休中は夫とナナコと3人で近くの公園に行き、敷物を広げてオニギリを食べた。
夫とナナコがどんぐりを探しに行っている間、敷物の上で柔軟体操をした。
大きなお腹で柔軟体操する姿は、はたから見るとさぞかしみっともなかっただろう。
それでも、10月の3連休は何事も起こらなかった。
子宮の出口近くでチリチリウニョウニョと胎動を感じ、手を伸ばせばすぐそこにいる赤ちゃんに触れることができそうなのに、赤ちゃんは出てくる気配がなかった。

38w4d。

本日(10/9)、無事に3340gの男の子を出産。
朝5時にナナコの咳で目をさまし、その後、なんとなくお腹に鈍い痛みを感じる。我慢できる痛みだけど5~10分間隔だった。
朝7時前に入院。
朝9時40分に出産。
陣痛に気付いてから5時間、分娩室に入ってから1時間のスピード出産だった。
詳細は後日。

36w4d。

昨日は臨月に入って初めての妊婦検診だった。
私が通う産院では、36週に入ったときにNST(ノンストレステスト)と院長診察がある。
ナナコ妊娠時のNSTは、お腹の中でナナコが眠ってばかりいて、何度もゆっさゆっさとお腹を揺すぶられた。
そして、その後の院長診察で「まだお腹も全然張ってないし、子宮口も硬いし、まだまだだね。とにかく歩きなさい。」と言われた。(でもそれから2週間後の38週で破水して生まれた)

今回はNST中も何度か元気に胎動を感じて、その後の診察でも「赤ちゃんは元気だね。」と言ってもらえた。
子宮底長が29cmで、今回も前回も前々回も「あれ?小さいな?」と先生は言うのだけど、その後のエコーで若干大きめなことが分かるので、毎回「なぁんだ。じゅうぶん大きいじゃない。」と言われる。
今回の推定体重は2694g。
既にナナコの出産時の体重より重いし、1週間前よりも317gも増えている。
「この時期、特に男の子は急激に増えるからね。」と先生は言った。
はぁ〜。無事に産めるのだろうか?
内診の結果、子宮口は1.5cm開いていて頭も下がってきているのでお産は楽な方だと言われた。
ホントかな?
何しろ今、お腹が重くて、辛くて、睡眠不足で、ナナコにも非常に手を焼いていて、もう体力的にも精神的にも限界なのだ。
こんなんでちゃんと産めるのかしら?産んだあと、ちゃんとやっていけるのかしら?不安!不安!

どうか無事に赤ちゃんがこの世に生まれてきてくれますように。
それと、今週末はナナコの保育園の運動会があるので、そこまでは産まれませんように。
あ、それからそれから、夫が不在でナナコがいるときに産気づくと嫌なので、できれば保育園の運動会の当日午後か、翌日(日曜日)に陣痛もしくは破水が起こりますように。(←自分勝手)

プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ