FC2ブログ

保育園の内定が出て、面談に行ったり保育園グッズの準備をしたり、バタバタと過ごしているうちに7月に入ってしまった。
7月1日からリョウの慣らし保育始まりの予定だったが、数日前からひどかった咳と喉のゼコゼコに加えて、この日に限って発熱。
結局、3日遅らせて7月4日から慣らし保育が始まった。
8:50〜10:30までの約1時間30分の保育。
寂しいよう〜、なんていう思いもつかの間、保育園に着いておんぶしていたリョウを0歳児クラスで降ろすなり、おもちゃに向かって突進。
他の子供もたくさんいるのに、まったく物怖じしていない。
そりゃ、おうちにいるより楽しいかもね?
だって、家では、おもちゃや絵本に触ろうものなら、ナナコに
「ダメ!ベロベロするから離して!」
と取り上げられ、興味あるものもなかなか触らせてもらえないのだ。

ナナコの保育園生活の始まりの時は、そりゃもう泣いて、泣いて、泣いて、床にちょっとでも降ろそうものなら泣いて、汚れものの袋を用意しにナナコから30cm離れただけで泣いて、お迎えに行けばいつも泣き顔でおんぶされていて、毎日心を痛める日々であった。
それに比べれば、「母<おもちゃ」のリョウの構図は単純明快で、寂しいけれど少し安心。
でも、まだ2日目だから、この先自分の立場が分かってきて、泣き止まない日々にならないことを祈る。

ちなみに、自宅では後追いが激しく、ちょっとでも母の姿が見えなくなると泣き叫んで探しに来る。
朝、私は5時に起きて、たまった家事や子どもがいると出来ない用事を済ます時間にしているのに、リョウが私が布団にいないことに気づき、朝も早々と泣きながら起きて部屋を徘徊するので、私は何も出来ない。
一方、朝寝坊のナナコはいつまでも起きず、母に叱られ叱られようやく朝の7時にようやく起き出すが、早起きのリョウはこの時間に眠くなってしまい、グズグズでそれはそれで困るのだ。

仕事復帰まであと1ヶ月半。
まだまだと思っていたのに、秒読み段階に入りました。
いろいろと生活の改善をしなくては・・・。
スポンサーサイト

とうとう来てしまった。
何がって?
喜ばしくもあり、悲しくも寂しくもある、リョウの保育園の内定通知。

育児休暇はまだ残っているが、申請は早く出したほうが良いとのアドバイスを受けて2ヶ月早く市役所に提出したリョウの保育園の入園申請。
まさか、こんなに早く、一発で通るなんて・・・。
嬉しいのかなんなのか、複雑な気持ち。

保育園激戦地区で、ナナコもリョウも保育園に関しては超ラッキー。
祖父母は夫も私も共に遠方で頼れず、正社員で、勤務地も遠い。
そんな我が家は、保育園に入園するための得点が高かったのだろう。
そうはいっても、こんなにすぐに通るとは思っていなかった・・・。
リョウ。寂しいよう。
ナナコ。寂しいよう。
再来月からは、朝も早いし、迎えも遅くなるからね。

そして良いことではないが、現在、職場とはちょっと疎遠な状態で、復帰するのが怖いのだ。
ナナコの育休明けで復帰するときは、まだ気心知れた同僚や上司がいて、なんとかやってこれた。
でも、ナナコの育休があけて復帰すること3年。
時短勤務で飲み会にも一切出られず、密かに行なっていた不妊治療のために休みがちになることも多く、さらに会社は時短勤務を考慮してくれたおかげで、やりがいに関しては全くゼロで、ある意味、窓際的な仕事を与えられた私(ここは文句を言ってはいけませんね。ありがたい配慮です)。
それでも、当時の部長は育児しながらの仕事を応援してくれていたのだが、そんな好意的だった部長が、今回の育休中に異動になって遠くに行ってしまった。
代わりにきたのは、親会社から天下ってきた人。
面識はあるが、たいそう合理的な方なので、私の復帰に関して協力的な態度でいてくれるのか不安でしかたがない。
同僚も配置替えで違う部署に行ってしまったので、今やもともと私の部下だった年下の、結婚もしていない、当然子供もいない人がほとんどで、どれだけ育児しながらの仕事に理解を示してもらえるのか。
そもそも理解してもらおう、という気持ちが既に甘えていてダメなんだよ、と自分に言い聞かせてはいるのだけど、協力者が夫しかいない状況では、どうしても限界があるしね。

でも、職場復帰を決めたのは自分だから、やるしかない!
嫌なことも多いかもしれないけど、良いことだって1つくらいはあるはず!
ナナコはあと2年半で小学生になる。
そのタイミングで今の仕事を続けるか辞めるか、選択を迫られる時がまたやってくる。
だから、とりあえず2年半は何が何でも頑張ろう。
嫌なことばかりだったとしても、2年半ならなんとかなると思って頑張ろう。
でも、願わくば、仕事を辞めずに、ナナコもリョウも、そして自分も今の生活を維持できるのが一番だから、前を向いて歩かないとね。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ