FC2ブログ

リョウ、1歳6か月。

GW明けの昨日は、リョウの1歳6か月検診だった。
受付時間が13時から14時なので、ナナコのときは保育園も会社も休んで早くに行ったものだったが、会社の有休が惜しいので午後半休にして13時過ぎにリョウを保育園に迎えに行き、14時ぎりぎりに集団検診の受付を行った。

GW明けの最初の1日って・・・会社休みにくいんですけど・・・。
しかも、毎回思うのだけど、13時から14時って、ちょうど子供のお昼寝の時間。
眠いのを無理やり起こして行くので機嫌が悪い。

そして。

問題のリョウは、案の定、会場ではずっと、ずっと、ずっと、抱っこだった。
ちょっとでも床に降ろそうものならぎゃん泣きで、抱っこを要請した。
放っておくと、床に大の字になって転がって泣いていた。
泣いているお子様もいたけど、リョウほど最初から最後まで泣いている子はいなかった。

少しだけ持ち直して、絵本コーナーに走って行ったことがあったが、他の子が読んでいる絵本を取り上げようとしたので、「それは後にしようね。」と言うと途端に機嫌が悪くなり、渡してあげた別の絵本を放り投げ、床にひっくりかえった。

とにかく、抱っこ、抱っこ、抱っこだ。

リョウは言葉も遅いし、おデブではあるけれど、同じく言葉が遅かったナナコも、今や1分と黙っていないほどベラベラしゃべってうるさいし、体重が重いのもすぐに抱っこをせがむせいだと思っているので、私自身、発育に関しては全く心配していない。

それなのに、検診では
「言葉に関して、心配ないですか。発育相談を受けていきますか。え?大丈夫?それでは2歳の検診まで様子を見てください。もう一度、2歳の検診で相談しましょうか。」
とか言われて、正直、ほっといてくれ、と思ってしまった。
リョウは、「バイバイ」しか言えないけど、意味不明なことはなにやらしゃべっているし、こちらが言っていることはちゃんと分かって、お願いしたことをやってくれる。
たぶん、今はまったく気にしなくてよいと思っている。

そして、問題の身長、体重測定。

身長は高くもないのに、体重だけは増えている。
自宅の大人の体重計で、素っ裸で測ったところ、13.1kg。
確かに、成長曲線をはみ出している。
しかし、検診会場で測ったところ、12.65kg。
この体重計、デジタルではなくアナログ式の針がメモリを指す方式だが、リョウはギャン泣きで大暴れなので
針は±1kgの間を行ったり来たりしている。
一向に針のブレがおさまる様子もない中「12.65kg」という結果がどうやって出てきたのかわからない。

「あの~、本当は13kgはあると思うのですが・・?」
というと、
「それじゃ、もう一回測ってみます?」
と言われ、再度体重計の乗せるも、大暴れのリョウを誰も止めることができず、
「お母さま、13kgはないですよ。」と言われて終了。

結局、予想より軽めの体重が母子手帳に記されたが、その後の小児科医による診断で
「体重が成長曲線の上限ですね。身長は真ん中くらいですけどね。ちょっと栄養相談を受けて行ってください。」
と言われ、しぶしぶ栄養相談を受ける羽目になった。
この栄養相談の待ち時間が長く、とにかく抱っこを要請しては床に転がっているリョウを見かねて、保健師さんがおもちゃを持ってきてくれたが、リョウはぷいっと横を向いておもちゃも拒否姿勢。

私、別に相談したいことなんか、何もないんですけど・・・。

やっとこさ、栄養相談の順番が回ってきて、車の絵本が目の前に出されて、ようやく静かになったリョウ。
栄養士さんから、
どんなものを食べていますか。
どのくらい食べていますか。
好きなものはなんですか。
とか質問された。

食事の量は若干多めではあるが、肉などのタンパク質よりも野菜の煮物や味噌汁を好んでおかわりすること。
おやつもおせんべいなどが多く、ケーキなどの甘いものをあげているわけではないことなどから、指導することもあまりなかったようだ。

「少し、大きめに食材を切ってあげたらいかがでしょう?パンを小さくではなく、半分くらいに切るとか?」
という栄養士さんの提案に
「いえいえ、大きめも何も、大人と同じ大きさのものを一緒に食べています。パンはそのままあげてます。」
という私の回答に栄養士さんは、そうですか、という返事しかできず。
あえて言うなら、朝ごはんの時にあげている野菜ジュースを減らしてみてはどうでしょう?くらいの話しか聞けなかった。

もう、ホント、いいんです。
リョウはおデブで。
抱っこ、辛いけど、もう床にそのまま転がしておくんで。

やっと会場から解放されたらリョウも機嫌がよくなり、車までは自分で歩いてくれた。

やれやれ。
スポンサーサイト




ナナコは4歳になってだいぶお姉ちゃんになった。

年齢的なものもあるだろうし、リョウが生まれたことや、性格、環境的なもの。
いろいろあると思う。
一人で遊べるようになったし、意思もはっきり伝えられるようになったし、我慢することもできようになった。

今のリョウの年齢の頃のナナコはどうだったかな?
リョウに関しては、とても時が経つのが早い。
ナナコに比べると、リョウを何も見ないまま、時が過ぎている気がする。
ナナコがリョウの大きさになるまではとても長かったような気がする。

この先、ナナコもリョウも大きくなって、中学、高校に入って、大人になるんだな。
ナナコも高校生くらいでお化粧しはじめたり、夜遅く帰宅して私に怒られたりするのかな。
リョウは、声変わりして、髭もはえて、むさ苦しくなるのかな。
気がついたらお嫁さんなんか見つけて、私はお姑さんになって、お嫁さんに煙たがれたりするのかな。
ナナコはいつの間にか、結婚もしないのに赤ちゃんなんか出来てたらドウシヨウ!

そんな未来を想像しながら、今は、自分のことが何もできなくて大変だけど、今が一番、シアワセかも?と思う日々です。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ