FC2ブログ

ナナコが今年の5月から始めたヤマハ音楽教室。

ピアノを持っていなかったナナコに、キーボードを半年間、無料で貸してくれた。
そんなキーボードも、返却が近づき、本当にヤマハ音楽教室をこの先も続けるのならば、練習用にピアノを買わなければならなくなった。

うちではたいして練習などしないナナコ。
音楽教室は楽しく通っているのだけど、スイミングと違って、ピアノは日々の練習が大切だ。

ナナコに、キーボードはそろそろ返さなければならないので、新しいピアノを買う?と言っても全く乗り気でない生返事。

ピアノと言っても、本物のピアノをおく場所もなく、値段も高い。しかも、当の本人のこのやる気のなさ。
いっそのこと、音楽教室なんてやめてくれても良いのに。
それで電子ピアノを購入することにしたのだが、この電子ピアノもピンきりでして。
本当にピアノの上達を望むなら、電子ピアノよりも本物のピアノの方がずっと良い。
でも、ヤマハが薦めるクラビノーバだって、15万円はする。
しかも、当の本人は、そこまでピアノに情熱があるわけじゃないし。

いろいろ検討した挙げ句、ヤマハの安価な電子ピアノ「アリウス」をネットで購入。

この電子ピアノが配送される日も、ナナコには全く興味を示さず、もう、おもちゃのピアノでも良いのではないか、という思いでいっぱいになる。

そして、今、うちに電子ピアノがあるわけです。

ナナコが使わないなら私が有効活用させてもらうわと、使わせてもらったのですけどね。
もう、楽しい!

私自身、幼稚園のころ、ヤマハ音楽教室に通い、小学生になって、ピアノの個人レッスンに変わりました。
でも、小学2年生のとき、先生が代わってから嫌になり、やめてしまいました。
実家には、当時の両親にとって非常に高価であったであろう、アップライトピアノが、今でも誰にも使われることなく置いてあります。

ピアノを習っている頃は、練習も楽しくないし、嫌で嫌でたまらなかったけれど、今、こうしてうちにあるピアノをひきはじめると、あっという間に一時間が過ぎていきます。

残念なことに、当時はそこそこ弾けていた、ドビュッシーの「月の光」も、ダカンの「かっこう」も、ショパンの「子犬のワルツ」も全く弾けません。
発表会のためにあんなに練習した「エリーゼのために」もイマイチです。

それでも楽しくて、つっかえつっかえ弾いていると、ナナコが自分も弾きたいとひいてくれるようになりました。
スポンサーサイト




前回の記事で、ナナコの良いところを探してあげよう、と思った翌日。

ナナコは朝、一番遅く、8時過ぎに起きてきた。
週末の朝なんて、こんな光景は日常茶飯事ではあるが。 
ナナコは起きてきてもソファーでダラダラしている。
リョウは30分も前に、「おはよっ!」と部屋から飛び出してきて、絵本やおもちゃで遊んでいる。
ご飯をようやく食べ終わったと思ったら、着替えもせずダラダラとテレビを見ている。

ナナコの良いところ…良いところ…。

午前は全く褒められるようなところがありませんでした。
この日の午後のスイミングスクールは2か月に1回しかない進級テストの日。

しかし、最初の準備体操の時間は、全く動かず、立ち尽くして口をへの字に曲げているばかり。
いまにも泣きそうな顔をしている。
もう、首根っこ掴んで帰りたかった。
とうとう、コーチのフォローが入り、それでも回復せず、すっかり進級テストの結果を諦めた。

ところが、プールでは頑張りました。

綺麗にばた足して、にこやかにゴール。

合格しましたよ。
プールでは別人のようでした。

ナナコも嬉しかったと思うが、私も本当に、本当に嬉しかった。
たかがプールの進級がこんなに嬉しいとは。

次からは、ナナコの大好きな、顔を水につけての泳ぎの練習。
楽しみですな。

ナナコ、5歳10か月。リョウ、2歳11か月。

最近、リョウと比べて、ナナコを叱ることが多い私。

どちらの方がかわいいとか、好きとかは全くなく、二人とも平等に可愛く、大好きで、かけがえのない存在である。

だけど、普段からだらしのないナナコ。
いけないことと思いつつも、リョウと比べてしまう。
どういうことかというと、たとえば食事後の後片付け。
食べ終わるとさっさと席をたってしまうナナコ。
それに対し、食べ終わるときちんと「ごちそうさまでした。」と手を合わせて、食器を台所まで運んでくれるリョウ。

「リョウ、ありがとう」というと、リョウはにっこり笑って、「リョウのこと好き?嫌い?どっち?」と聞く。
大好きだよ、と答えると、部屋の遠くの方からナナコが大声で言う。
「私のことは?」

もちろん、好きだよ。
好きではありますが…。

まだある。

保育園に持っていく着替えの準備は、リョウの分は私がやってあげるのだが、ナナコはもう年長なので自分でさせている。
でも、言わないとなかなかやらない。
「明日の準備は?」
と言うと、「ママ、一緒に服を選ぼうよー」と言う。
一緒に選んで、リュックにしまうのかと思いきや、「リョウ、これ、リュックに入れておいて。」
リョウは素直にハーイと言って、一生懸命リュックに詰めようとする。

この状況をもってすると、どうしても、リョウ、ありがとう、とリョウへの声かけが多くなってしまう。

おもちゃの後片付けも然り。
長時間、歩きでお出かけしたときにすぐに抱っこと言い出すのも然り。
いつまでもダラダラとテレビを見ているのも然り。

もちろん、ナナコは優しくて本当に良い子です。
良いところたくさんあります。

だけど、日常の一片を切り取ると、どうしてもナナコを注意することの方が多くなってしまう。
ナナコとリョウは別の人間だから、ナナコに出来てリョウに出来ないこともあるし、リョウに出来てナナコに出来ないこともある。
できる方と比較してはいけないと、頭では分かっている。

だけど、そうは言っても、やっぱりナナコは5歳。リョウは2歳。
リョウがスプーンでご飯を食べているのは許せても、ナナコがスプーンでご飯を食べていると、いやいや、お箸が使えるでしょ、と言いたくなってしまう。
リョウが食べこぼしをしてもある程度は仕方ないと思っても、来年小学生になろうというナナコがテーブルの下にご飯粒が山ほど落ちていると、どんな食べ方しているのだと言いたくなってしまう。

そして、ナナコは言う。

「どうしてママは私のことばかり怒るの?」

どうしてなのかなー。
リョウがいなければ、だらしないナナコの生活態度も、比較対象がいなくて気にならないのだろうか。

リョウを叱ることもあるし、二人が喧嘩をしたとき、ナナコを優先させることもある。
でも、ナナコにしてみればまだまだなんだろう。

明日はナナコの良いところをたくさん見つけてあげよう。

8月の半ばのこと。

修理に出していた車を取りに行った夫が帰ってきて言った。
「車屋さんの担当の人のお子さんは来年小学校で、最近、ランドセルを買ったらしいよ。」

ランドセルですか~。

ランドセル?
え?
早くない?
だってまだ、8月じゃん。
ランドセルなんて、年明けで良くね?
気が早いなー。

のんきにそう思っていた私。

ところが最近。
ベネッセの某掲示板で、ランドセルの話題が出た。
それによると、ランドセルというのは、7月、8月に皆さん、購入するらしい。
9月を過ぎると品薄になり、気に入ったものは既に売り切れ、という事態に陥るらしい。

えーー!
マジっすか。

それで僅かに危機感を持った私は、この週末、イトーヨーカ堂に行ってみた。
イトーヨーカ堂では、8月31日まで5%オフのキャンペーンをやっており、しかもnanacoやセブンカードで買うと、ポイントが10倍とのこと。
なんか知らんが、行ってみますか。

売り場に着く前にナナコに、何色のランドセルがいい?と聞いたところ、紫かピンクがいいと言った。

なんの下調べもせずに売り場に行った私は、ずらりと並ぶランドセルを見ても、全く違いが分からなかった。
売り場の人がやって来たので、何が違うのかと聞くと、刺繍がどれだけ入っているかや飾りがどうかくらいの違いだと言った。

なんだー。
じゃ、ナナちゃん、何色が良いの?
紫ならこれとこれがあるから、てきとーに選びなさい、なんて言っていた。

売り場の人によると、いまの人気色は、紫か水色とのこと。
よく耳にする「天使のはね」とやらも何者か知らなかったが、肩のベルトの部分が同時に動く機構ことだとか、セイバンのランドセルがどうとか、CM でやっているFIT ちゃんがどうだとか、大きさがどうだとか、いろいろ聞いたが、やっぱり私には色と模様の違いにしか思えなかった。

ランドセル売り場にすっかり飽きてしまったリョウが、あっちへ行こう、あっちへ行こうと私の手を引っ張った。

結局、ナナコはさんざん悩んだ挙げ句、赤色のヨーカドーブランドのランドセルがどうしても良いといい、それに決めた。
値段も一番安かった。
ピンクじゃなくて良いの?と確認すると、赤が良い、と言った。

なんだか一番無難なランドセルで、ヨーカドーブランドなので現品引き渡しで即日お持ち帰り出来るし、これなら年度末に買っても在庫があったかもね?

とにかく、無事にランドセルが手に入りました。
来年からは小学生か。
早いのもですね。

最近、仕事がうまくいかない。

どうしても指示されたことができず、何日も苦戦している。
指示されたとおりにしているのだが、期待する結果にならず、いろいろ聞くのだが、とうとう昨日は
「そんな細かいことまで指示しないと出来ないのなら、もう、その程度の仕事しか出来ないってことですよね?」
なんて言われてしまい、落ち込んで帰ってきた。

いや、もう私、ホントに新人の気分です。
本当は、この業界ではかなりのベテランなのですが、新人の気分が、少し分かりましたよ。
私も、まだバリバリ仕事している頃は、似たようなことを部下に言っていましたからね。

でも、今にしてみると、分からないのか、分かろうと努力していることの方向が違うのか、何か別の理由があるのか、きちんと確認すべきは上司の役割と思います。
過去の自分にたいしても反省です。

さて、そんな落ち込んでいる毎日なので、書きかけの記事も放ったらかしで、ぐちぐちとこんな記事を書いていたりします。

1つ悪いことがあると、もう何もかも、自分のまわりには悪いことが続けて起こっているような気になってしまいます。
本当は、いつもと変わらず、良いことも悪いことも、一定量ずつあるはずなのだけど、負のスパイラルにはまっているので、悪いことばかり気にしてしまいます。

♪今日の日がうまくいくおまじないの言葉♪
なんて、Eテレのデーモン閣下の真似をして
Toy Toy Toy なんてテーブルを叩いたところで 何かが変わるわけでもなく。

いつも、「魔法の力よ、エイ!」なんて、魔法使いゴッコをしているナナコに、真剣に
「ナナちゃん、お願いだから、ママに魔法をかけて。明日は良いことがありますようにって。」
と、頼んでみても、こんなときに限ってナナコは
「ごめんね、ママ。その魔法は持ってないの。」
とか言われて、ガックリ。

誰か、今日こそは事態が打破しますよう、良いことがありますよう、誰かおまじないをかけてください。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ