FC2ブログ

ナナコ7歳、リョウ4歳。

知識も出来ることも、ナナコの方が多い。
当たり前だ。
保育園児のリョウは、感情に支配されやすく、気持ちの切り替えも苦手だ。
挨拶だって慣れた人にしかできないし、自分から「ありがとう」も「ごめんなさい」もなかなか言えない。

そんなリョウが、実は意外と大人だった。

先日、夕方、保育園と学童に迎えに行き、帰宅すると間もなく、二人はテレビのチャンネル争いを始めた。
日常茶飯事の出来事だ。

しかしこの時、怒ったリョウはナナコを帽子で思い切り「バシーン」と叩いた。
ナナコは怒りと痛いのとショックで泣き出した。
私はリョウを叱りつけたが、珍しくリョウは口を一文字にしたままで、泣かなかった。
ナナコを慰め、テレビを見てもいいよ、と言うとナナコは見たがっていた番組にしたが、リョウがテレビのリモコンを奪い取り、リョウの好きなチャンネルに変えた。
私が、もうそんなことになるのだったら、テレビを見てはいけないと、リモコンを二人から取り上げた。
ナナコは泣きながら、ピアノの練習を始めたが、怒りで気が高ぶっているせいもあって、ピアノが上手に弾けない。
そのため、さらに怒りの感情が制御できなくなり、泣きながらピアノの椅子を持ち上げ床に投げつけた。
椅子はすごく大きな音をたてて倒れた。

今度は私はナナコを叱りつけた。

私は夕飯の支度の途中だったが、二人の様子に腹をたて、
「そんなことしてるのなら、もうご飯作らない!もう、ママは二人の面倒みない!二人で好きなように暮らしなさい!」
と、私まで大人げなく暴言をはき、2階の一室にこもった。
私もイライラしていた。
誰もこの状態を収拾出来なかった。

ところが、私が2階の部屋にこもって洗濯物を畳んでいると、ぼそぼそとリョウの声が聞こえてきた。

「ナナちゃん、ごめんね。」

リョウは言った。
決して自分から謝ることなんか今までなかったのに。
リョウはナナコに何かぼそぼそしゃべっていた。
ナナコを慰めているようであった。

「ママ、酷いよね。」
「パパが帰ってくるから大丈夫だよね。」

そんなこと言いながら黙りこんだままのナナコを一生懸命慰めていた。
やがて二人は2階の子供部屋に来た。
ナナコも時折、何かしゃべっているようだが、大体はリョウがナナコのために何かを話しかけていた。

時間が経つにつれてちょっと心配になってきた。
パパの帰りが遅いからと、夜だというのに外にパパを探しになんか行かないだろうな?

それで、私も気持ちを落ち着かせて子供部屋をそっとのぞいた。
ナナコは半べそかきながら机でお絵かきをし、リョウはおもちゃ箱から竹とんぼを出して遊んでいた。

私の姿を見ると、リョウは、洗濯物はもう終わったの?と聞き、ナナコは、どこに行っていたの?と聞いた。
ナナコは私が本当にどこかに行ってしまったと思っていて、リョウは私が一室に篭っていることを知っていた。

リョウは私に言った。

「リョウ、ナナちゃんに謝ったよ。
それから、ピアノの椅子も二人でちゃんと元に戻したよ。」

リョウ、偉いね、と私はリョウを抱きしめた。
すると、すかさずリョウは言った。

「ママ、ピアノの椅子はナナちゃんも一緒に片付けたんだよ。」

リョウがナナコを気にかけて言った。
ナナコがリョウに庇われている。

ナナちゃん、偉いね、とナナコをぎゅっと抱き締めると、ようやくナナコに笑顔が戻ってきた。

いつも怒られると、真っ先に泣いて、ママ、怒らないで!と半狂乱になって暴れるリョウ。

この日のリョウは別人のように大人だった。
リョウ、いつの間にそんなに大人になったの。

これから先も、ナナコをよろしく頼みます。
スポンサーサイト

1月の三連休の最終日。
八景島シーパラダイスで毎年この時期に行われる、秋田物産展?みたいなものに行ってきた。
3年前、ナナコが4才、リョウが1才の時に同じイベントに出掛けたが、秋田からやって来たナマハゲが怖くて二人とも大泣きした。
今回は、ナナコは平気だと言っているが、本当かな?

寒くて、風が強くて、出店の物を食べるにもガタガタ震えながらなので残念ではあったが、
どんが汁、きりたんぽの味噌焼き、ネギ焼き、しょっつる焼きそば、ソーセージ、キノコの丸焼きみたいなもの(どれも正確な名称を忘れたが、秋田の名産だそうです)をおいしくいただいた。

雪で作った本物のかまくらの前で写真をとり、ガラポンくじで一等をあててしょっつる焼きそば四人前のセットをいただいたりして、気分よく出店の前をぷらぷらしていたときに現れたのは、少し前にナマハゲ太鼓で太鼓を叩いていたナマハゲの一人。

青い顔をしたナマハゲで、包丁を持っている。
ナナコははじめ怖じ気づいていたが、私に促されて並んで写真をとり、握手することまで出来た。
一方、リョウときたら、辺り一面に響き渡るでかい声で泣きわめき、周りにいるみんなが、あらあら、といった顔でこちらを笑いながら見ている。
リョウは取り乱して、私の後ろに隠れて大声で泣いている。
ナマハゲが遠くに行ってしまってもまだ泣いている。
私の後ろに引っ付いて離れないから思うように動けず、会場から立ち去ることも出来ない。
すると、場内を徘徊しているナマハゲが視界に入ってしまい、また大声で泣き出す。
ナマハゲはリョウのことなど見てもいないのに、泣いている。

ところが、会場には同じ年頃の子どもなんかたくさんいるのに、誰一人として泣いてないじゃないですか!
中には、「一緒に写真とってください」と自分から声をかける強者もいる。
少なくとも、包丁を振り上げられてナマハゲが吠えたところで、みんなびっくりして怯えたような顔をする人はたくさんいるが、リョウのように、見本のようなリアクションをとる子供は誰もいない。

ナマハゲさん、喜んでいただけましたか。
母である私は、たいぶ、恥ずかしかったです。
他所の子どもなら微笑ましいのですが(笑)

大晦日のリョウは、1日中ひたすら寝ていた。
ナナコもわりを食ってお出掛け出来ないのはかわいそうだと思い、ドラえもんの日本旅行ゲームと言う、ボードゲームを買った。

ゲームを取り出すとリョウもやりたがってゲームに参加したが、リョウはぼーっとしており、1ゲーム終わったところで布団に誘うとやって来て、夜まで死んだように寝ていた。

でも、タミフル飲んで、翌日の元旦には元気になった。
元気になったところで何処にも出掛けられないが、近場の神社に軽く初詣だけした。

そして、夕方から私の調子が今一つなのです。
熱が微熱から38度台になり、元気が出ない。

今は医療センターの休日診療でインフルエンザの結果待ちだが、陰性でも陽性にすると言われた。
今年の幕開けは散々です。

本日、大晦日。

しかし、リョウがインフルエンザA型にかかってしまった。

昨夜、寝るときから鼻はぐずぐずだったが、夜10:00。
寝ているはずのリョウがナナコの布団の上に座り込んでじっとしている。
ん?
寝てるのか?
起きてるのか?
恐る恐る顔をのぞいてみると…寝てる。
リョウの布団に戻してあげると、また寝たまま、起き上がって、枕をひっくり返したり、折り返したり、意味不明なことをしている。

リョウ?
と声をかけると、ばったりと倒れて寝てしまったが、鼻がつまって苦しそうだし、身体も熱い。

そっと布団をかけてあげたが、寝ながら何かぶつぶつ言っている。

夜中の2時半に、リョウはむっくりと起きて、トイレにいった。
布団が焦げてしまいそうなほど、身体が熱い。
たくさん布団をかけているのに、がたがた震えている。
熱をはかると40.1度あった。
普段、ほとんど使わない解熱剤を、さすがに今回は使った。
リョウはうわ言のように、ぶつぶつと数を数えている。
いーち、にぃ、さーん、しー…
何かホラーだ。
大丈夫なのか!?
明日までちゃんと生きてるんだろうな?

解熱剤を飲んでしばらくすると少し落ち着いて、朝まで静かに寝てくれた。

朝はちゃんと生きていた。
でも、熱は高かった。

今日は大晦日。
近くの医療センターの休日診療で診てもらって、インフルエンザA型と診断された。

保育園でもインフルエンザは出ていなかったし、冬休みに入ってからほとんど人ごみにも出ていない。
どこでインフルエンザに感染したんだろう。
予防接種も打っていたが、ダメだったな。

元旦にはおじいちゃんおばあちゃんに来てもらって、みんなで楽しく過ごす予定だったが、祖父母にうつると申し訳ないし、私たち夫婦もいつ、発症するとも限らないので、おじいちゃんおばあちゃんに来てもらうのはキャンセルした。

今日はお正月の準備で大忙しのはずだったが、一気に普通の休日モードになって、だらだら過ごしてます。

あれよ、あれよと言う間に、もう今年もあと2日。
クリスマスの話題も記事にできなかった……。

昨日からやっと冬休みに入った我が家は、今から年賀状の作成やら大掃除やら正月の準備やら、大忙しです。

しかし、昨日も含めてたった3日しかないので、全部はできない。
そんななか、邪魔してくれるのは子どもたちである。

一人遊びできるリョウはまだいい。

サンタクロースにもらったぷらレールの、はやぶさ&こまちセットで、レールを自分で作って遊んでいる。

一方、ナナコは、サンタクロースにもらったアニアの恐竜の人形に、最初の一回しか触ることもなく、だらだらとテレビをみて、大掃除の手伝いをすることもなく、公園に行きたいから一緒に行こうとせがむ。
ナナコにもできそうな掃除の手伝いをさせたが、ちょっとだけやって、飽きたからもうなにもしてくれなくなった。

あと2日。

頑張るぞ!
今日こそはいろいろ手伝わせるぞ!
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ