FC2ブログ

リョウ、6歳。


保育園最後のクリスマス会です。

保育園の方針なのか、クリスマス会の名称が変わり、クリスマス色が薄くなりましたが

ホールの前には「Merry Christmas」と書かれ、雪の結晶が散りばめられております。


年長クラスはみんなで歌を歌って踊るとのこと。

クリスマス前から担任の先生による注意書きが張り出されていました。

「年長児だからこうでなければならないという枠組みにとらわれず、自分たちで考えたものを発表します。」


当日。

年少児のダンス、年中児のクリスマスツリー作りの発表。

そして、年長児。

静かに響くピアノと共に、キャンドルサービス。

全員そろって舞台で挨拶し、厳かな雰囲気の中。

最初のグループが舞台にあがった。

リョウとTくん、Yくんの3人だ。

リーダーのYくんが「ミュージック、スタート!!」と掛け声をかけると。。。


♪ちゃんちゃちゃ~ら、ちゃん、ちゃん♪

♪ちゃんちゃちゃ~ら、ちゃん、ちゃん♪


♪ちゃんちゃちゃ~ら、ちゃん、ちゃん♪

♪ちゃんちゃちゃ~ら、ちゃん、ちゃん♪


会場内でクスクスと笑い声が起こる。

かかった曲は、クリスマスには場違いな「炭坑節」である。

一気に夏祭りの雰囲気になる。


♪つぅ~きぃがぁ~~、でた、でたぁ~♪

♪つきがぁ~あでたぁ~、あ、よい、よい♪


会場がまたどっと笑いで埋まる。

この中、リョウを含む3人の男児は、ものともせず炭坑節を踊る。

会場の大きな手拍子の中、炭坑節を踊り切り、3人で

「これで、たんこうぶしを、おわります!」

と声をそろえて挨拶し舞台を降りた。


大きな拍手が起こった。

次に、その他の男児による今年大流行の「U・S・A」。

最後に、女児によるAKBの「ヘビーローテーション」。

みんな素敵でした。

みんな踊りが上手だったし、曲もノリがよかったこともあり、会場の皆さんが手拍子で応援してくださいました。


確かに、年長児なら劇とか、ハンドベルとか、もっと難しいことに挑戦できるのかもしれません。

個人個人に役を与えて何かを作り上げる、というのが定番かもしれません。

でも、担任の先生が最初に断りを入れていた「年長児だから・・」云々の張り紙の意味がやっと分かりました。

難しくはなかったかもしれないけど、きっと彼らは、彼らなりに自分で作り上げていましたよ。

ちなみに、炭坑節は夏の盆踊りのときに踊っていたもので、仲の良い男3人で園内で踊っていたので、それをやったら?と先生が声をかけたらそうしようと決まったものだそうです。


あまりにも面白かったので、帰宅してからニヤニヤしながら5回もビデオを繰り返して見てしまった。

スポンサーサイト




いつこの日が来るのだろうと、ずっとずっと願っていました。


2018年10月17日。リョウ、6歳0か月。年長。


やっとオムツが取れました。

長かった・・・。

非常に、長かった・・・。


おしっこはとっくにトイレで立っても座ってもできるのに、

いつまでたってもウンチができなかった。

ウンチをしたくなると、我慢に我慢を重ね、ようやく促されてする気になっての

決してトイレで座ってしようとしない。

こそこそとオムツに履き替えて鍵かけてトイレにこもる。

用を足した後、オムツの始末は自力でできないので私を呼ぶ。


もう何年続いただろう。

ナナコは2歳になってすぐにオムツが外れたし、ウンチにいたっては1歳でできたので

一体どうなっているんだ!?と不思議でならなかった。


小学校になってもオムツの人はいない、なんてよく言うけど、

リョウは絶対に小学生でもオムツコースだな、と思っていた。

大きくなればなるほど、リョウ自身にもプライドが芽生えて、頑なにトイレで用を足すことを拒んだ。


足の踏み台を作っても、

穴を開けたオムツを履かせようとしても、

水が跳ねるのが嫌なのかと便器の中の水を全部掻きだしても、

オモチャで釣っても、

ネットや口コミにあることは全部試したが駄目だった。


この日。

保育園の行事で早くに帰宅した。

ナナコは夫と一緒にピアノのレッスンに出かけて私とリョウの二人きりになった。

3日我慢しているリョウは、ウンチをしたいと身振りで意思表示をした。

オムツを取りに行きかけたリョウに、

オムツを履かないでやってごらん、と諭したが、いつものとおり拒否した。

さんざんなだめすかしたが駄目だった。

いつものとおりだ。

だんだん私はイライラしてきた。

もう来年は1年生なのに。

「リョウ、出なくてもいいから10秒だけトイレに座ってみて」

と言った。

ようやくしぶしぶと、座るだけだよといってトイレに座った。

でも出ない。出さない。

10秒を30秒に延長したらリョウからブーイングが出た。

それでも30秒座ってもらった。

その間にオムツを全部隠した。

私は険しい顔で、オムツはもう渡さない。

トイレでしろと言い放った。

便器に座るのが嫌なら、トイレのスペースのどこでやっても良い。

床でしても良い。

オムツだけは渡さない、と言ってそれ以外のリョウの泣き言をすべて無視した。

「ママの嘘つき!」


粘ること2時間。

リョウは仕方なく、トイレの鍵をかけた。

「ママ、終わっても何も言わないで。パパにもナナちゃんにも。終わったら拭いてくれる?」

「わかった。拭いてあげる。そこだけは嘘つかない。」

・・・

そして、ようやくリョウに呼ばれてトイレの戸が開くと、ちゃんと便器に用を足していたのです!

でも、私がトイレに入るなり、リョウは私の口をおさえて

「何も言わないで!!」

と言った。


たぶん、リョウもいつまでもオムツではいけないとわかっていた。

でも、「できたじゃない!偉い!」なんてほめられるのが嫌だったんだ。


私は何も言わずにおしりを拭いてあげた。

夫にもナナコにも、決してトイレの話題をしてはならぬ。

私がよいというまで家に入ってのならぬとメールした。


そして翌日から、1日に1回。

自分でトイレに行けるようになりました。

よく聞くように、時期がきたら自分でトイレに行くようになる、なんてことはリョウに限って

ありませんでした。

多分、強制的にトイレでさせない限り、小学生になってもオムツだったと思う。


これで旅行にも行ける。

おじいちゃん、おばあちゃんの家に行って、まだオムツなの!?なんて言われることもない。

良かった!

私にとって、貴重な記念日です!


プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ