FC2ブログ

今回、初のIVFチャレンジは今日で終わりました。

来院する時にはおしっこをためて来るようにと言われていたので、何時間も前から我慢しました。
11時30分。
クリニックに着いたとき、早くトイレに行きたくてうずうずと自分の番が来るのを待ちました。
20分たってやっと診察室に呼ばれました。
「今回は、移植はできません。」
先生はそう言って、卵の写真を見せてくれました。
「もう、細胞かブツブツかよく分からないものでいっぱいでしょう。これはちょっとダメですね。まだ生きてはいますけどね。」
・・・そうですね。
「今回は3個採ってどれも質が悪かったですからね。閉経まで治療を続けるっていうことも出来ますけどね。次回からもこういうことが続くと、期待が持てるかどうか、だんだん分かってくるんですよ。あなたの場合、40歳で妊娠して出産されてますから、二人目もすぐいけるんじゃないかと期待をかけたんですが、やはり良い結果ではありませんね。治療するとそういうのが見えてきますからね。」
・・・そうですか。

次回は生理が来た後に来てください、その時にこの先の具体的なことをお話しましょう、と言われました。

やっぱりそうなんだな。
40代になると先生の態度も冷たいよ。
ナナコが授かったときもこの先生のタイミング治療でしたが、授かるまでは受診する度に必ず「高齢だから」の一言がどこかに入りました。
でも、意外と早く授かってからは態度が一変しました。
今回も、採卵して卵の質が悪いと分かるまでは、かなり良いことばかり言ってたんですよ。
受精した卵が1個でも、それに賭けましょう、なんて、先生自身も本当にそう思っていたのでしょうけど、これからはまた、「どうせ40代だし」という目で見られながら治療に臨むんだろうな。

高齢なのは事実だから仕方ないのだけど、IVFに1回うまくいかなかっただけで、治療の期限まで宣告されてしまったようで、正直ちょっと不愉快でした。

でもそれとは別に、今回は授かるタイミングでは無かったんだろうな、とも思いました。
思いがけずナナコの保育園が決まり、慌しく保育園に通って慣らし保育は終わったものの、生まれて初めての高熱。加えて家族全員ダウン。
ナナコの1歳の誕生日は間近で、おじいちゃんおばあちゃんは大張り切り。
私も来週には会社に復帰することだし、復帰後はまた、あれやこれやと慣れない生活に苦労すると思う。
ファミリーサポートだって、まだこれから顔合わせだし。
きっと、神さまが「次の赤ちゃんは、今の生活の基盤がちゃんと出来てからね。」と言ってくれているのだと思う。
そう思わないと、今日のところはやっていけません(泣)
スポンサーサイト



プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ