FC2ブログ

そろそろ11月も終わりに近づき、少しずつ仕事にも慣れてきました。

会社に復帰して、久々に会社の人や仕事仲間と顔を合わせた時、育児のことをいろいろ聞かれたり話題にされるかと思っていたのですが、そうでもありませんでした。
この1年間、会社をお休みしていたときの私の生活の変化は著しく、育児に翻弄され続けてきたわけですが、考えてみれば会社の人は、そんなことは関係なく自分の仕事を1年間全うしてきたわけですものね。
私だって育児休暇に入るまで、周りの人が結婚したり、出産したりと彼らの生活スタイルに大きな変化があっても、実はそれほど興味なかったもんなぁ。

私の勤める会社はそれほど大きくないのですが、休職前、マネージャーの仕事を任されていました。
部下も10人くらいいて、部下の愚痴を聞いたり、叱咤激励したり、助言したり、時にはただ相槌だけ打つことが私の役目でもありました。(もちろん、他にもいろいろありますよ)
何をやっても文句ばかり言うメンバーもいましたが、弱小企業で体よく使われがちなうちの会社の仕事に、弱音を吐きつつも頑張ってくれる人も多くて、私も彼らの立場を守ろうと仕事の環境や待遇改善を求めて、常に負けじと攻撃的に仕掛けていました。
でも、これってかなり疲れるんですよ。
会社間でも社内でも、どうしても上下関係が存在するもので、世の中どんなに頑張ってもどうにもならないこと、あるいは実を結ぶまでに数年、数十年かかることってあるんです。

今回、復職するにあたり、時短勤務であるということも手伝って、かなり謙虚な気持ちで復帰しました。
自分で言うのもなんですが、社会人1年目のようなフレッシュな気持ちで仕事をしています。
どんな雑務でも文句をいうつもりはないし、どんなにやりにくい仕事でも、どんなに人が嫌がる仕事でも、このご時世、私に仕事をさせてもらえるのなら、それだけで有難いと思っています。
そんな気持ちでいると、今までとは違ったものが見えてくるようになりました。

一番感じたことは、仕事に格差はない、ということ。
つまらないと感じる仕事でも何かしら得るものはあるし、少なからず、仕事終わらせる上で何かの、あるいは誰かの役にたっていると言うこと。
新人だからこの程度の仕事。
大先輩だからすごい仕事。
・・・っていうことはあんまりなくて、難易度の差はあるけれど、簡単で単純な仕事だから中堅社員の仕事ではない、なんてことは絶対にない、と思いました。

ところで、会社に復帰してみんな1年前と何も変わっていないんだなぁ、と感じました。
久々に会った人に「どう?仕事は?」と話を聞くと、
同僚Aは、会社はもっと営業力をつけろと愚痴りました。
同僚Bは、会社はもっと積極的に攻めるべきだと愚痴りました。
同僚Cは、部長が全然客先に顔を見せに来ないと愚痴りました。
同僚Dは、客先の対応の悪さについて愚痴りました。
みんな、1年前と同じ愚痴を、1年前と同じように私に語りました。
でも、フレッシュマンの私は「ふーん」としか言えませんでした。
今の私は、自分のことで精一杯だからです。
みんなは変わってないけど、今の私は1年前と違いますからね。

でも、変わったこともありました。
1年前に結婚した会社の後輩や協力会社の仕事仲間が、赤ちゃんを産んでいました。
「おめでとうございます!」と挨拶をして、出産や育児の話をちょっとした後、ふと、みんな、結婚して1年もしたら普通に赤ちゃんって来てくれるものなんだな、と思いました。
不妊治療が少し空しくなってしまいました。

ちなみに、こんな今の私でも、まだマネージャーの肩書きが残っているらしい。
今やすっかりフレッシュマンで、仏のように穏やかな心で仕事をしている私なのに、何か務まるのか?
スポンサーサイト
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ