FC2ブログ

今日も今の仕事で、私だけ会議に呼ばれなかった・・・。
多分、直接私には関係ないから、会議で時間を取られるよりは作業を進めて欲しいってことなんだとは思うけれど、同じ仕事をしているのに自分にだけ情報が伝わってこないって、やっぱり寂しい。

明後日、システムの操作説明をお客さんに行うことになっていて、私はその資料を作っています。
操作説明の担当者は別の人なのだけど、資料を作るのが間に合わないから私が手伝っています。
だけど、説明する内容が多いから作らなければいけない資料の数は多いし、
説明をするとなると予習や下準備も大変で、
しかも期日は2日後なので、操作説明をするのが担当者一人じゃ無理!ってことになったみたいで、
説明者としてさらに私以外の別の人がアサインされました。

本当なら多分、私が説明するのが一番手間が少ないと思います。
資料を作っているのは私で、システムの内容を理解しているのも私なのですよね。
でも、私は時短勤務なので、極力出張には行かせないように気を使ってくれているんです。
その部分は感謝の気持ちでいっぱいなのですが、仕事人としてはやはり複雑な気持ちです。
しかも、操作説明に関する会議だったはずなのに自分だけ呼ばれなかったのはすごく寂しいし、
「やっぱり私って、使いにくいんだろうな・・・」
と考えてしまいます。(ま、そこは事実だと思いますが)

ナナコが2歳になって、保育園の2歳児クラスに上がれば、延長保育で18時以降も預けられるので
時短勤務から通常勤務に戻せると思います。
保育時間が長いのはナナコには辛いけど、通常勤務にさえなればフレックスも使えるし、
今ほど肩身の狭い思いをしなくても済むかもしれません。
とはいっても私が勤めるIT業界は、月の勤務時間を180時間や200時間で見積もることが多く(つまり、初めから20時間や40時間の残業が見込まれているってことですね)、それが当たり前の生活の中で毎日定時帰り(しかも、仕事が終わらなくても絶対に定時に帰宅)って、周りには迷惑な話なんですよね。

しかも、さらに辛いのはやっぱり不妊治療。
毎月、必ずやってくる、しかも予定たたずの連日のクリニック通い。
時短の上にお休みもいっぱいで。

でも、こんな生活も、あと1年か2年。
赤ちゃんが来てくれれば、少なくとも不妊治療はなくなります。
時短勤務は続けなくてはならないかもしれないけど、不妊治療がなくなるだけで全然違います。
赤ちゃんが来てくれたら、それだけで幸せだしね。
そして、もし赤ちゃんが来てくれなくても、ナナコが大きくなれば時短勤務もやめられる。
今だけ、仕事で肩身の狭い思いをしていたとしても、多分、私の一生の中のほんの通過点にしかすぎない。
今の会社での立場はなんだか窓際族というか、定年を迎えた後に、さらに働かせてもらっている元役員みたいな感じです。
昨日まで、部長とか所長とか偉い立場にいたのに、今日からは一般職になってしまったおじいちゃん社員って、今の私みたいな気持ちなのかな、って思ったりしています。
この1年か2年で仕事の評価が下がったとしても、私の一生分には代えがたい。
私の人生では、仕事よりナナコが重要だし、もしさらに赤ちゃんが来てくれるのなら、やっぱり仕事よりもそちらが大切だからね。

毎日、それを心の中で唱えながら、思い通りに仕事が出来ない辛さに耐え忍んでいます。
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ