FC2ブログ

今日で9月も終わり。仕事でいうと上半期の終了である。
私は9月で今のプロジェクトを抜けて違うプロジェクトに移ることになった。
今のプロジェクトでは時短勤務の私の状態を周囲の皆さんがよく理解してくださり、かなりの部分助けていただいた。
本当に感謝感謝だった。
保育園のお迎えがある私は今まで飲み会の類には全く参加できず、今回も例に漏れず自分自身の送別会にさえも参加できなかった。
ところが一緒に仕事してきたプロジェクトのメンバーが、「夜がダメならみんなで午後半休を取って、お昼にみんなで豪華な食事をしよう!」と言ってくださり、まさかさすがにみんなで休むことはできないだろうと思っていたら本当にそれを実行してくれた。

場所は、横浜の桜木町にある
「横浜 ロイヤルパーク ホテル 70F スカイラウンジ シリウス」
横浜の街を一望できる眺めが最高で、わざわざ窓際の席を予約してくれた。
ランチブッフェでバイキングスタイルなので、各々自分勝手に好きなものを好きなように取ってくればよく、食事もおいしく最高だった。
今のプロジェクトは私は協力会社の社員の一員に過ぎず、在籍期間も1年弱と短く、5月のGW以降超多忙な時期が続いてみんなは休日出勤、深夜残業続きで会社に住んでいるのではないかと思う日々が続いていた中、私は時短勤務で貢献度はかなり低かったはず。
それなのにそれなのにこんな形で送別会を開いてもらったうえに、贈り物として魔女の宅急便に出てくる黒猫「ジジ」の大きなぬいぐるみまでいただいた。
黒猫が好きなのでジジのぬいぐるみは当然嬉しかったが、何よりも私は誰にも自分が黒猫を飼っているとも、黒猫が好きなんだとも話したことがなかったのに、仕事で使うあるツールにの画像に私が何気なく選んでこっそり貼り付けておいた黒猫のアイコンを覚えていたらしく、きっとジジのぬいぐるみなら喜んでもらえるだろうと選んだらしい。
そんな小さな気遣いが嬉しくて嬉しくて、どうやって感謝の言葉を述べて良いのかわからなかった。
一応、たどたどしく思ったことを口に出しながら涙が溢れてしまった。
でも、私に出来ることはもう今後のプロジェクトの成功と皆さんの幸せを祈るだけだった。

10月からは新しいプロジェクトに参画する。
また新しい職場で、新しい人間関係のなかで仕事をしなければならない。
時短勤務や、不妊治療やナナコの病気で休みがちになるのをどれだけ容認してもらえるのか不安だが頑張るしかない。
また新しい試練がやってくるのだろうが、きっとこれを乗り越えたら新しい何かを得ることができると信じて頑張ります。
スポンサーサイト
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ