FC2ブログ

19w6d。

妊娠5ヶ月の最後の日。長かった羊水検査の結果が出た。
結論から書くと「異常なし」だった。

12時30分に結果を聞きに大学病院を予約してあったので、私も夫も会社を休んだ。
ナナコをいつもの通り、朝早く保育園にあずけてしまうと久々の私と夫の二人だけののんびりタイムとなった。
羊水検査の結果を聞いた後は結果次第で何があるか分からないので、午前中は好きなことをしてのんびり過ごそうね、と夫と決めていた。
ナナコがいると毎日のんびり食事も出来ず、妊娠中の私はカロリー制限をしているので好きなものを食べられないので、この日だけは午前中、どこかのお店でモーニングでも食べようと言っていた。
私はどうしても、いつも控えているパンを好きなだけ食べたかったので、COCO'Sの朝食バイキングに行くことにした。
バイキングなら好きなものを取ってきて食べられるので、野菜ばかり取ってくればいいかな、と思ったのだが、実際はウィンナーとかスクランブルエッグとかフライドポテトのようなものが中心で、あまり野菜はなかった。
まぁ値段も安いし、ホテルの朝食バイキングと一緒にしてはダメなのだけど・・・。
でも、念願の「パン」はたくさん食べた。
カロリーが気になったけど、今日だけ今日だけ・・・と心で念じながら食べた。
おいしかったなぁ。
ついでに、いつも控えているご飯(白飯)も、味海苔と沢庵で茶碗1杯分食べてしまった。
はぁ・・・。大丈夫なのか!?体重増加。

こんなことをしているとあっという間に11時30分になってしまい、病院に向かう時間になってしまった。
とうとう、結果を聞く時間だ。
夫が言った。
「大丈夫だよ。"大丈夫"という結果を聞きに行くんだよ。」
そうだと良いのだけど。

12時過ぎに病院に到着し、受付を済ましたら時間まで診察室の前で待った。
ナナコの時もこんな時間があった。
この時は言葉少なく「緊張するね。」と話したものだった。
今回は前回よりはリラックスして、夫の健康診断の結果などをしながら時間を潰した。
この違いは2人目だからなのだろうか?
結果が怖いのは1人目も2人目も同じはずなのに。

12時30分になってすぐに診察室に呼び出された。
呼び出した女医さんの顔は笑顔で明るかった。
「えっと、性別についてもお話してよいのでしたっけ?結果は、異常はありませんでした。良かったですね!そして性別はX染色体とY染色体が1つずつありますからね。男の子です。」
と言った。

良かった。本当に良かった。
これで全ての異常が分かったわけでもなんでもないけれど、私たち夫婦に出来ることは全てやった。
あとは私が妊娠中の食生活や健康に気を付けて、出産時に赤ちゃんに負担がかからないように安産を目指すことだけだ。
性別については1週間前の妊婦検診でも男の子と言われていたので、なんとなく予想はしていた。

明日からは妊娠20週。
やっと妊娠生活の半分が終わったんだ。
早く赤ちゃんに会いたいよ。
スポンサーサイト



プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ