FC2ブログ

リョウ、1歳9か月。

癇癪持ちで泣き虫のリョウは、その威力を増している。

少しでも気に入らないことがあると泣き叫び、床でも地面でも転がり、大の字になって暴れる。

毎日のことで辛いのは、保育園のお迎えの時。

リョウの保育室に迎えに行くと、嬉しそうに走り寄ってくるリョウ。
そこまでは良い。
そのあと、1分経つと、抱っこ、抱っことせがみ始める。

もうそろそろ、自分で歩いても良いよね?
だいたい、同じクラスのお友だちで、こんなに最初から最後まで抱っこの子なんていないわよ?

それで、がんばって歩こうね。
手をつなごうね。

そんな言葉がけ虚しく絶対に歩こうとしないリョウ。
保育園の先生方も、「リョウちゃん、がんばって!」と言ってくれるが、一回泣き始めると!もう聞く耳もたず。
きっと、リョウ自身、何が嫌だったのかもう忘れているのであるまいか?
とにかく何もかもがイヤになり暴れまくる。

ナナコを迎えに行く頃には床に転がって泣いているので、園児や他のお母さんやらが集まってきて、取り囲んでどうしたの、と言っている。

荷物を持ったり、靴を持ったりしているので、ずーっと抱っこというわけにも行かず、同じクラスのお友だちでさえも、何をそんなに泣いているのかしら?みたいな目を向けながら、お母さんと手をつないで帰って行く。

リョウ、どんどん出来ることが減っているんですけど?

「前はもう少し泣かずにいたような?」
と私が言うと、ナナコが続けていった。
「前はもっと歩いていたような?」
「前はもっとちゃんと食べていたような?」

さらに私が
「前はおまるにも座っていたような?」
というと、ナナコは
「座ってた。座ってた。」

そう。
リョウは成長し、自我が出てきたのか、傍目から見ると前に出来ていたことがどんどん出来なくなってきた。

着替えをしようとすれば泣き、
おむつ替えは嫌だと泣き、
新しいサンダルは嫌だと泣き、
何かするたび、どこかにいく度に泣き、暴れる。
言葉だって殆どしゃべらない。

どうか、夏が終わる頃には突然、羽化した蝶のように、成長しますように。

このままだと、ハハは疲れます。
スポンサーサイト
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ