FC2ブログ
10 15
2017

2017.10.11(水) 19:00。

飼い猫のクロが永眠しました。

野良猫だったクロがうちに遊びに来たのが13年前。
ずっと外飼いだったクロは、しょっちゅう怪我をして帰ってきました。
ネズミを捕まえて来ました。
メジロも捕まえて来ました。
でも、臆病な猫でした。
他の猫が姿を表すと、狭い箱に隠れていました。

クロと出会った時に、獣医さんで去勢手術を行いました。
13年前で、推定年齢が3~5歳と言われました。

あれから13年。
2年前に私は自宅の車庫に車をいれるときに、クロをはねてしまいました。
一命はとりとめましたが、骨盤を骨折し、後ろ足が不自由になりました。
高齢でもともと、動きが緩慢でした。
糖尿病も患っていました。

外飼いをやめて家のなかで飼うことにしました。

しかし、共働きのため、日中は誰もおらず、帰宅は夕方6時過ぎ。
子供たちはうるさく、クロの相手はほとんど出来ませんでした。

私達夫婦は、子どもたちよりもずっと長い時間をクロと過ごしました。

全然遊んであげなかったくせに、居なくなってしまうと寂しくてたまりません。
勝手なものです。

クロは、その日。
私達が帰ってくるのを待っていてくれました。
いつもなら2階から階段を降りてくるのに、その日は降りてきませんでした。
ナナコが様子を見に行くと、クロはヨタヨタと降りてきました。
餌をあげましたが、餌は食べませんでした。
元気がなく、いつものようにお風呂場で座っていました。
私が夕飯の仕度をしていると、キッチンにクロがやって来ました。
キッチンに猫をいれるのが嫌で、普段は追い出すのですが、この日は好きにさせておきました。

しかし、クロは私がなにも言わないのに、自分からキッチンを離れ、また誰もいないお風呂場に行ってしまいました。
クロの様子がおかしいので、お風呂場に行ってみると、クロは口を開けて、舌を出し、苦しそうに見えました。
普段はしっかりしているはずの前足にも力が入らないようでした。
クロ、クロ、と呼び掛けましたが、クロは崩れるようにぐったりと横たわりました。

そして、そのまま旅立っていきました。

スポンサーサイト



プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ