FC2ブログ

うちにはクロという名前の黒猫が1匹います。

もともとが野良猫のため、今でも「昼は~外、夜は~内(家)」と節分の豆まきのような生活をしています。
姫さまがいなかった去年までは、うちの中での彼の地位はかなり高かったのですが
可哀想なことに、姫さまが生まれてから彼の地位が失墜してしまいました。

「餌にゃ~餌にゃ~」
と鳴いてもなかなか餌を出してもらえず、
「家に入れるにゃ~入れるにゃ~」
と鳴いてもなかなか家に入れてもらえない。
彼の特等席だったガスファンヒーターのまん前に座ると、どきなさい!と怒られる。

あぁ、クロ。
姫さまが生まれて、一番わりを食らったのは君かもね。
でも、授乳中に餌を催促されてもママは動けないし、ファンヒーターの前にクロが座ると、クロの毛がそよそよと揺れて、温かい空気が全部クロに吸収される。
しかも、赤ちゃんに神経質になっているママは、なるべく猫を赤ちゃんに近づけまいと必死だ。
赤ちゃんがクロの毛やフケをなるべく吸わないようにと必死だからね。

そんなクロが2日前から具合が悪い。
いつもは1時間でも2時間でも平気でにゃーにゃー鳴き続けるクロがぱったりと鳴かなくなった。
餌をねだらないし、あげても食べない。
外にも猫部屋用の衣装ケースが置いてあるのだが、寒い夜だというのにそこでじっとして動かない。
しつこく「クロ、クロ」と呼び続けると、大儀そうにのっそりとおぼつかない足どりで出てきた。
家に入れても一向に動かず、階段を降りるにも一段一段と苦労して降りている。
いつもなら後ろ足でぼりぼりと耳の後ろを掻いて毛をどっさりと落としていくのに、ごろんと横になったきりぴくりとも動かない。
死んでるのかと思って様子を見に行くと、胸がかすかに上下して呼吸しているのが分かる。

いつもなら授乳中や、姫さまの世話で大変なときに限ってにゃーにゃー鳴くクロを鬱陶しく感じていたのだが、さすがに心配になってきた。
クロは横たわったまま、いつの間にか呼吸が止まってしまうのでは?と思うと、なんともやるせない思いになってしまった。
なんだかんだいって、姫さまがうちに来るよりもずっと前から、そう、もう7年も前から付き合ってるからね。
猫の去勢手術から始まって、膀胱炎、交通事故、他の猫とけんか傷の化膿、もう何十万もかけてきたよなぁ。
それなのに2年前、私が流産して落ち込んで帰宅したときも、この猫はにゃーにゃー言って餌をねだったっけ。
まったく空気の読めない猫だったよな。
まぁ、空気の読める猫がいたらお目にかかりたいけどね。

動物病院に連れて行きたいけど、姫さまを連れて動物病院行くのは少し抵抗がある。
連れて行くだけならともかく、他の動物もたくさんいる狭い待合室や、毎回猫の毛だらけになってしまう小さな診察室に姫さまを連れて行きたくはなかった。
(動物好きな方、ごめんなさい)
夫は仕事が忙しいから週末まで待ってくれ、という。

しかし、さすがにまったく動かなくなったクロと姫さまの両方を気にかけていると、どちらの世話も中途半端になり、姫さまはしょっちゅう泣くようになってしまった。
心なしか、私のおっぱいまで出が悪くなったような気がする。
あぁ、もうなんとかしてクロを病院に連れて行きたい。
病院に連れて行くだけ連れて行って、診察は空いた時間によろしく!後でまた引き取りにきます!
・・・なんて、できるかなぁ・・・
そう思っていたら、夫が無理やり午前半休を取って、病院に連れて行ってくれた。

結局、よく分からないが、考えられる原因は2つ。
1つ目は、他の猫とのけんかによる怪我。
2つ目は、内臓の病気。
内臓の病気かどうかは、血液検査やレントゲン検査をしないと分からず、2万円コースだといわれた。
とりあえず、抗生剤と栄養剤を打ってもらい、週末まで元気がないようなら再度病院へ行くことになった。

てっきり入院にでもなると思っていたのだが、クロはあっさりと帰ってきた。
そして、足取りはおぼつかないものの、餌にゃ~、とにゃーにゃー鳴きはじめ、ファンヒーターの前でぼりぼりと身体を掻き、外に出るにゃ~、と外に出て縄張りの見回りに行ってしまった。

おそるべし!抗生剤!!

少し元気になってよかったよ!
しかし、人間とは勝手なもので、元気になったらなったで、途端にまた鬱陶しくなってきたよ・・・。
猫は元気で留守がいいな。
せめて、姫さまが泣いているときはお静かに!

姫さまがもう少し大きくなったら、松谷みよ子さんの童話「モモちゃんとプー」のように、「ナナちゃんとクロ」の関係になってくれるといいのだけど。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ