FC2ブログ

生後3ヶ月11日(103日目)。

リョウのお食い初めをやった。
うちは実両親、義両親共に遠方なので、特に誰を呼ぶわけでもなく家族だけで行なった。
ナナコのお食い初めのときに気合を入れて購入した百日膳低足の食器があり、それを使うことにした。
本当は男の子用の食器と女の子用の食器では色が異なるのだが、ナナコも1回使ったきり離乳食に使うわけでもなくもったいない。
どうせ1回しか使わないので使いまわすことに。

メニューは
・鯛(尾頭付き)の塩焼き
・筑前煮
・ほうれん草の胡麻和え
・赤大根の酢漬け&白菜の浅漬け&梅干
・アサリのお吸い物
・お赤飯(お宮参りの時に神社でもらったもの)

筑前煮はナナコは全く手をつけないだろうと予想したので、鶏もも肉の照り焼きをプラスした。

お食い初めの食器を出していると、ナナコが「これ何に使うの?」と興味津々。
私が「リョウ君に使うんだよ。」というと、「えー。リョウ君はまだ小さいから食べられないと思うよ。」と不満そうにナナコが言う。
食卓のナナコの場所にとりあえず食器を箱から取り出して置いたのが気に入らなかったらしい。
「今日はリョウ君のお祝いだからね。食べる真似っこだけだよ。ナナちゃんの時もやったんだよー」
と言ってもよく理解できていない。
「ねーねー。お箸はリョウ君、まだ使えないと思うよ。」とナナコがまた言う。
自分もやっと保育園でお箸を使わせてもらったがうまく使えないので、リョウ君が先に使うのが不満なのか?
ちなみに、ナナコの辞書には「チャレンジ」という言葉がないので、家でお箸を持たせてあげても
「えー。子どもには難しいー。」とすぐに諦めてしまう。

ナナコの隣にリョウの食器を並べ、いつもなら食事中はベッドで寝たままのリョウも連れてきて、ナナコの「いただきます!どうぞ召し上がれ!」(←保育園で食事前にこう言うらしい)の掛け声で食事開始。
ナナコはリョウの食べるものに興味津々。
リョウは食べるわけないので、私が抱っこして食べ物を口に運ぶ真似だけしているが、隣りでギャーギャーうるさいナナコが気になるのか、終始ナナコの方を見ている。

食べるマネを終えてリョウをベッドに戻してしまうと、ナナコは自分の食器に盛られたものよりもリョウの食器のものを食べたがる。
でも、お赤飯の小豆が嫌いなので「食べられなーい」。
冷めてしまったアサリのお吸い物のアサリを喜んで食べたが、すまし汁のほうは「これ、いらなーい」。
アサリは好きなのかと鍋に残っていたアサリを足してあげると「熱いから、いらなーい。」(実は全然熱くない)
鯛の塩焼きをひとつまみ取ってあげると、一旦口に運んだもののすぐにベーっと出して手で丸めて「ねーねー。お団子にしたのー」と遊んんでいる。
ほうれん草の胡麻和えは食べるときは食べるのだが、今回は食べたくなかったようで「ねぇパパ。食べさせてー。」とパパに給餌をせがむ。食べさせてくれるなら食べてやるよ、という合図なのだ。
予想通り、筑前煮など何一つ食べるわけもなく・・・。

食事中のこんな光景は別に珍しくもないのだが、私もだんだんイライラしてきて夫に「食べたくないのなら無理に口に運ばなくていいよっ!」というと、ナナコがもの凄い形相で私を睨んだ。
ナナコは本当は別に食べたいわけでもないのだが、自分のものが誰かに取られるとすごく怒る。
それにパパに甘えているのを私が止めたので機嫌を損ねたのだ。

結局、またまた気まずい雰囲気で食事終了。
ま、私が大人げないのがいけないんだけどね。
今思えば、ナナコのお食い初めの時は平和だったな・・・。
スポンサーサイト



コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ