自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

可哀想、の定義。

保育園なんて可哀想。

もう何度もあちこちで繰り返し出される話題。

私は自分の親は専業主婦だったので幼稚園だったが、保育園だからどうとか、幼稚園だからどうとか、考えたこともなかった。

それほど子どもが好きではなかった私は、ナナコを生んでも、いつ、仕事をバリバリ行えるような生活に戻れるのか?
時短勤務を早くやめて通常勤務に戻ることばかり考えていた。

そんな私も、リョウが生まれて、だんだん変わってきたよ。
子どもにとって、そして自分にとって、かけがえのない生活とは何かを、少しずつ考えるようになってきた。

保育園児って可哀想なのかな?

ナナコが先日、保育園ゴッコしようと言い、
「今日は私、1人なの。他のお友達はいなくなっちゃったの。」
といった。何で?と聞くと、
「他のお友達はみんな幼稚園にうつっちゃったの。」
といった。
お遊びで言っているし、深刻そうでもない。
自分は知らない幼稚園というところに、憧れているだけかもしれない。

でも、幼稚園児が、保育園に行ってみたい、とは言わないのだろうな。

ある掲示板で、保育園に行っていて楽しかったかという話題があった。
楽しかった人も、そうでない人もいたが、いつも親は忙しそうで、あまり遊べず嫌だった。
下の子の面倒を見なければならないのが嫌だった。
お友達のうちに行くと手作りクッキーが出てきて、そんなのに憧れた。

そんな意見も多かった。

世の中の半数の子どもが保育園児だったら、また違う考えになるだろう。
でも、実際の良し悪しはともかく、多数決というか、人数の絶対数の多い方に属する方が、生きやすいのもしれない。

一人っ子だった同じ。

一人っ子が悪いなんてことは決してないのに、一人っ子は可哀想と言われる。
私は自分が一人っ子だったので、正直、子どもの頃は寂しかった。

でも、周りの子どもの半数以上が一人っ子だったら、そんな風には思わなかったと思う。

良い、悪いじゃない。

自分がその環境をどう受け止めるかなんだよね。

あ、それで、話を戻すと、保育園に行くということは、私との時間が少ないということは事実であり、さみしいという気持ちも分からないでもない。

昨日、一昨日と少しだけ早く迎えに行った。
すると
「今日は遅迎えがよかった。最後が良かった。」
と言われた。

よくわからん。
スポンサーサイト


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2015/02/17(火) 12:56:21|
  2. 5歳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤ちゃん、良いな♪ | ホーム | スイミングスクール。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/432-6c9508d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)