自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

蛍。

今年も 蛍の季節がやってきた。

家の近くには 歩いて行ける距離に 蛍がでるところがある。
昔は とても荒れ果てた田んぼで、夜にそこを歩いて通るなんて とても怖くて出来なかった。
近くには古いお墓もあったりして、肝試しにはうってつけの場所だった。
殺人事件が起きてもおかしくないような場所だった。

そして そこには昔から蛍がいた。

今は有志の方が、荒れ果てた田んぼを復活させ、蛍を見る人のために遊歩道も整備され、灯りを嫌うホテルのために遊歩道には小さなローソクが羨されて足元をてらしている。

そんな環境になったのはナナコとリョウが生まれる ほんの少し前だった。

今年もナナコとリョウと夫と、みんなで蛍を見に行った。

いたいた。
蛍いた。

ナナコもリョウも、指さして、ほら、あそこ、と声をあげる。
ここに来るまでは、歩きながら「なんか怖いねぇ」と言いながら歩いていたけれど 蛍を見ると そんな気持ちがふっとんで大喜び。

良かったね。
今年も蛍を見れました。

いつまでもこんな時間が続きますように。
スポンサーサイト


テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児

  1. 2015/06/08(月) 08:53:04|
  2. 2歳(リョウ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<骨折。 | ホーム | 最後の運動会。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/452-c8041a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)