自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

2015年夏休み「南紀白浜」~2日目~

2日目。

朝、早く起きた私は、ホテルの目の前の海に行ってみた。

ちょうど干潮で磯が広がっていた。
小さな砂浜には貝殻も落ちていた。
磯は凹凸も少なく、小さな子供でも歩きやすく、潮溜まりには、小魚、カニ、エビ、ヤドカリがたくさんいた。
ナナコもリョウもここで遊んだら喜ぶだろうな!!

しかし、奴らは起きてこない。
もともと朝が苦手な奴らは、どんなにたたき起こしてもボンヤリしている。
朝ごはん食べに行くよ!と無理やり起こし、朝食もバイキングを食べに行った。
せっかくのバイキングだが、奴らはたいして食べない。
せっかくとってきたパンも残している。
朝食ごときに1時間もかけて、そこから着替え、歯磨き、何をするにもグダグダなので、海に行く時間などない。
なんといったって、この日の目玉はアドベンチャーワールドなのだ。

いつまでもボンヤリする子供たちを車に押し込み、アドベンチャーワールドに出発である。
アドベンチャーワールドの開園時刻は9時30分。
決して、私が無茶な時間に行動しようとしているわけではないすよ。

早速、暑いと言い出すナナコ。
最初に見たのはペンギン、イルカ。
イルカのショーがあるので、早めに会場について座って待つ。
それでも、ほとんどの座席がすでに埋まっている。
イルカのショーには全く興味のないナナコ。
江ノ島水族館でも、いつも鼻くそほじり、あくびをしながらイルカショーをボンヤリ見ている。
一方、イルカのショーが大好きなリョウ。
人の隙間から背伸びして、少しでも見逃すまいとイルカショーを眺める。

そんな対照的な二人。

アドベンチャーワールドでも同じだった。
アドベンチャーワールドのイルカショーはすごかった。
江ノ島水族館の比ではなかった。
ダイナミックなショーと、最後のスプラッシュタイム。
イルカがしっぽやジャンプで観客に水をかけまくる。
水しぶきなんてものじゃない。
滝に打たれたくらいびしゃびしゃになる。
それを知っている子供たちは、わざと最前列に行く。

ナナコは「濡れるの、やだー」と、帰り支度を始める。

次に見たのは、パンダ。

パンダはぼりぼりと音を立てて笹を食べていた。
そして、うろうろと活発に動き回っていた。
先に夫とナナコが行ってしまっても、まだパンダを見たいリョウはひっくりかえって泣きわめき始めた。

13時20分から、カートサファリを予約をしていた。
4人乗り4000円。
この時間まで少し時間ができたので、アトラクションで遊ぶ。
観覧車、ジェットコースター、メリーゴーランドなどに乗って、ナナコもリョウも大はしゃぎ。
リョウはジェットコースターには乗れないので、小さな電車のアトラクションに乗ったが、ものすごく気に入ってしまい、5回も乗った。
大人と同乗しなくてはならないので、最初は私と一緒に乗っていた。
しかし、リョウはナナコと一緒に乗りたくなってしまった。
どんなに大人と一緒じゃないとだめだから、と言っても、
「ちーがーう!ママじゃない!ナナちゃん!ナナちゃんとのーるー!」
と、またもや、大暴れ。
ナナコが、メリーゴーランドに乗ると、自分もナナコと一緒に乗るのだと大暴れ。
2歳じゃね。一人で乗れるものなんて、ないのですよ。

もう、アトラクションから引きはがすのに一苦労。
しかも、ナナコと一緒に乗れないと大暴れだし。
やがて、カートサファリの時間も迫ってきたので、大急ぎで乗り場に行った。
複数種類あるカートから、ナナコはパンダのカートが良いといったので、パンダのカートに案内してもらい、着席した。
ところが、すぐさま、リョウが「ピンク!ピンクがいい!!ピンク!ピンク!」と暴れだし、出発間際になって、ピンクのカートに変更してもらう。
しかし、ピンクのカートに座ろうとすると、「ここじゃない!ナナちゃんの隣で前に座るの!」とまたもや大暴れ。
4人乗りカートは、前後2人ずつ座れるようになっており、前の1つは運転席である。
運転するのは夫か、私しかできない(運転免許が必要)ので、ナナコとリョウで前の座席はありえないのだ。

時間も迫るし、係の人もいつまでも拘束させるのも申し訳なく、リョウを後ろの座席にくくりつけ、ナナコも隣に座ってもらう。
いつまでも暴れていたが、出発すると少し静かになった。
ゾウにエサをあげ、キリンにエサをあげ、サイにエサをあげた。
途中、シマウマのいるエリアでカートから降り立ったら、ワラワラとシカがエサをねだって群がってきた。
ナナコとリョウは逃げ回り、パニックになっている。
手に持っているニンジンを離さないものだから、容赦なくシカがやってくる。
腰を抜かして歩けなくなった大泣きのリョウと、同じく大泣きのナナコをカートに乗せ、その場を去る。

カートは、1時間の予約で、何もせずにそのままカートに乗り続けると15分くらいで終わってしまうコースなので、ゆっくり見て回ってください、と係の人に言われていたのに、なんだか、エサが余っているのにもう1時間経過間近である。
残りのエサをエミューに全部投げ与え、大急ぎで戻る。
なんなんだよ、まったくもう。

最後はレッサーパンダを見て、レッサーパンダのデジカメ写真を自分に撮らせろと、デジカメをめぐってナナコとリョウで争い、ひと悶着。
またもや、地面に転がるリョウを無理やり抱っこし、アドベンチャーワールドを退場。

疲れました。

帰りの車ではすぐに二人とも眠りこけてしまい、どこにも寄れず、ホテルに直行。
部屋で寝てくれればよいのに、部屋に着くと元気になり、時間も中途半端でどこにも出かけられず、テレビを見て過ごす。
目の前の海は満潮で、磯もほとんどない。

やれやれ。
スポンサーサイト


テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児

  1. 2015/07/30(木) 13:30:15|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年夏休み「南紀白浜」~3日目(最終日)~ | ホーム | 2015年夏休み「南紀白浜」~1日目~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/462-6ec0aeda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)