FC2ブログ

離乳食が始まり、毎日ますます忙しく、自分の時間などほとんどなく若干ウツ状態の私。
旦那は毎日23時を過ぎないと帰宅せず、ほとんど母子家庭のようである。
なんだか、毎日1分1分を必死で生きているようで、旦那がいる週末が待ち遠しくてたまらない。

そんな中、会社の人からメールが来た。
「日曜日にナナコちゃんに会いに、遊びに行ってもよろしいでしょうか。Kさん、Dさんを誘っています。」

うーーーん。
ホンネを言えば、今、自分のことに精一杯で、
せっかくの週末に誰かをもてなしたり、
パパとナナコの時間を奪ったり、
ナナコの生活リズムを変えたりしたくない。

自分ととっても親しくて、会うことで私自身の気晴らしになるような友人なら良いのだが、
一緒に飲み行ったりすることも無く、正直、うちに遊びにきてもらうほど親しかったかしら?と思ったりした。
しかも、他に誰かを誘ってくるつもりらしい。
私の中では、来てもらうとしてもせいぜい二人までなのだが、
「Kさんは良いけどDさんは勘弁してください」
なんて言えるわけもなく。
だいたい、誘っていると言うだけで、来るかどうかだってまだ決まっていない。
どう返事をしようか迷いに迷ったのだが、どうにも断る理由が思いつかず、
「どうぞおいでください」と返事をしてしまったのが間違いだった。

「では、○月×日に伺います。メンバーはKさん、Dさん、Iさんの4名です」

ガビーーーーン。
いつの間に4名になったんですか。
どうして断りもなく人を増やすんですか。
しつこいけど、私、あなたたちとそんなに親しかったでしたっけ。
4名って、ただでさえ結構人数多いと思うんですけど。
会社の皆さんの様子は聞きたいけれど、名目上「ナナコに会いたい」のであれば、ナナコをお昼ねさせちゃダメだよね?

もう、今更ながらやっぱりお断りします、と、いつ帰るつもりでしょうか、という
2種類のメールを打ち、何度も何度も読み返し、なんて書けば失礼がないか、考えに考え、
「どうぞおいでください」と返事をした手前、我慢して来てもらったほうがいいのか、
やっぱり自分の精神状態と、ナナコの生活リズムを考えて遠慮してもらったほうがいいのか、
悩みに悩みぬいて、結局4日もたってから

「13時~15時の間においでください」
と短い返事を返した。
いろいろ理由とか、皆さんのご都合を伺う内容とか、いろいろ枝葉をつけていたが、全部削除した。

なんで、私がそこまで気を回さなくちゃいけないんだ!?と、ちょっと自暴自棄になってしまったからである。
でもなぁ。
きっと、こんな短い返事なら、もっと早く返せたんじゃないの、なんて思われてたら嫌だなぁ。

こんなこと考えている自分がまた嫌だったりして。
スポンサーサイト



コメント

・・・この気持ち、わかります!
長女の時、うちも旦那が同じような状況だったので・・・

旦那がいる週末は自分もちょっと目が離せて、
気が抜けるんですよね。
かなり親しい友達との約束でも、
週末の時はちょっと面倒くさい時期がありました。

三日前くらいに、
ナナコちゃんの調子が悪いので、やっぱりやめといた方がいいと思うの。。。
なんて、嘘メールを送ってはどうですか?
落ち着いたらまた連絡します・・・なんて続けてみたりして・・・
(私、言っておきますが、いっつもいっつもこの手を使ってるわけじゃないんですよ!)

嘘をつくのはいけないことですけどね。
・・・この際、嘘でもついて、
休みたい時は、ぜひ 休みましょ!

Re: タイトルなし

>ksnかあちゃんさん

最初に「遊びに行きたい」と言ってきたのが、
会社で数少ない子持ちの女性なので(他の参加者は独身です)、
客が来る大変さをちょっとは分かってもらえるかと思ったのですが・・・。
もしかしたら、彼女が育児中はたくさんの人に遊びに来てもらいたかったのかな~。
でも、3人も誘わなくても・・・なんて思ったりしています。

ナナコ、お昼寝どころじゃないだろうな~。
嘘も方便でやっぱり断ってしまおうか、往生際悪く悩んでます・・・。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kuromamma

Author:kuromamma
38歳で初期流産。
40歳で妊娠&女の子出産。
不妊治療の末、43歳でやっと男の子を授かりました。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ