自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

卒園式と謝恩会。

保育園の卒園式。

この日のために、保育園の先生方も園児もみんな、ずっと準備と練習を重ねてきた。

素敵な卒園式をどうもありがとう。

さてさて、私にとってですね。
卒園式よりもここ数ヵ月、悩みに悩み、準備を重ねてきたのは、謝恩会。
私が親の立場として、卒園式もはじめてですが、謝恩会なんてものもはじめてなのでね。
そもそも、謝恩会ってこういうもの、という常識が分かりませんでした。

日頃、保育園の送り迎えの時間帯が同じで、よく会うお母さんと、謝恩会のゲーム係の担当になってしまったのは、去年の4月に行われた保育園の懇談会の後だった。

どんなゲームにするか悩んだ末、○×ゲームにしよう、と決まったのが7月。
どんな問題を出すかと悩み、謝恩会らしく保育園関係の問題にしようと決まったものの、考えれば考えるほど、自分たちが保育園のことも、保育園での子どもたちのことも、何も知らないことに気付く。

ヤバイ。
何もクイズのネタが出てこないじゃん。

そうこうしているうちに、夏が終わり、街路樹の葉っぱが色づきはじめ、季節は折り返し地点をあっという間に過ぎた。

仕方がない。
先生たちに、クイズのネタになるようなアンケートを取ろう、と決めた11月。
どの先生にアンケートを出すか?
何問出すか?
どんな質問にするかでさんざん悩む。
アンケート一つ出すにあたってやはり保育園のことを何も知らないことに気付く。

先生がたくさんいる中の、担任の先生以外にどの先生と関わりが深いのかからして分からない。
一つ一つ、暗礁に乗り上げた。

それでも、だんだん考えにも幅ができてきて、いくつかの質問をひねり出した。
「保育園で一番人気の給食は?」
「遠足で行った水族館で一番好きな生き物は?」
「一番得意な手作り料理は?」
「犬猫以外で飼っていたペットは?」
等々。

先生からアンケートを回収したのが1月。
その後、ゲーム形式に悩む。
○×クイズは、回答者が○エリア、×エリアに移動する方式にするか?
○×カード方式にするか?

最初は園児によるゲームを考えていたが、せっかくだから先生も参加できる方式にしようと、園児vs先生のチーム対抗方式を思い立ったのが1月末。

○×カードも画用紙に割りばしをつけて綺麗に作ろうとしていたが、もう残された時間は僅かしかないと腹をくくり、画用紙に○×を印刷した紙を張り付けることで妥協する。

ゲームに参加する保護者を募集したのが、卒園式の2週間前。
チームの勝敗のルールを決めたり、演出を決めたり、細々と打ち合わせに打ち合わせを重ね、
やっと今日。
その日を迎えることが出来ました。

謝恩会が始まってすぐに始まったゲームの時間。
ものすごく盛り上がり、時間おすのであんなに悩んで作ったクイズの半分しか出題出来ず、子どもたちには、「えー!もう終わり?」と惜しまれながら終わることが出来ました。

良かった良かった。

ものすごく大変だったけど、謝恩会の企画に深く携わることができて、本当に良かったです。

一緒に係りをしてくれたYちゃんのお母さん。
ありがとう。
スポンサーサイト


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2016/03/05(土) 00:24:52|
  2. 6歳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卒園旅行(越後中里) ~前置き~ | ホーム | 感謝状の下書き。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/485-11c4df90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)