自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

卒園旅行(越後中里) ~前日、そして~

朝9:00。

ナナコは相変わらずゴロゴロしている。
熱を測ると38.2度。
ヤバイよね?
確実に、インフルエンザだよね?

土曜日なので、行きつけの小児科は午前中しかやっていない。
そんな小児科の午前の時間ぎりぎりに診察に行く。
インフルエンザ、出るか?出ないか?
発症からまだ僅か5時間。出ないかも?

インフルエンザは出ませんでした。

先生は言った。
「インフルエンザの症状に似てはいますがね。インフルエンザならこのあと、もっともっと熱が上がります。下がることはありません。もし、このまま熱が上がり続けるならば、明日、休日診療を受診してください。
ところで、お子さん、保育園でしょ?
ここで私がインフルエンザだと診断してしまうのは、おそらくお子さんにとっても親にとっても、あまり得策ではないわけですよね?
だから、熱が下がったのに釈迦力になってインフルエンザの検査を受けに行く必要はありません。ただの風邪だったということでよろしいです。
熱が上がるのなら、その時はきちんと受診してください。」

先生に頭を下げて、帰宅した。
習い事はその日、すべてお休みしたのに、買い物には行けない。
そればかりか、買い物が必要なのかどうかも分からない。

ナナコの熱は、37.0~37.5度を行ったり来たり。
判然としない。
本当にただの風邪なら、症状が落ち着いていれば、旅行には行って部屋でのんびり過ごす、という道もある。
でも、インフルエンザなら無理だ。

もし、ナナコの熱が下がったのなら、と想定し、ナナコとリョウのフリースのインナーを買った。
西松屋で、処分価格で¥198で売っていたからだ。
それと、裏起毛のナイロンのズボンも処分価格¥300で購入。

夕方、ナナコの熱は37度。

ナナコがもしインフルエンザなら、旅行に行く行かないの問題以前に薬が欲しい。
長引いて辛い思いをするのはナナコだ。

夜9時。

夜間診療にて再度受診。
発症から12時間たった。
そろそろ出るだろう。

結果は、出ませんでした。

発症から24時間たたないと確実な結果は出ないらしい。

仕方ないから、結局、翌朝のナナコの熱の状態で判断することにする。

翌日。
ナナコの熱は、36.2度。

1時間後に測っても36.3度。
大丈夫かも。
あの熱がただの風邪だったとは信じがたい。
しかし、仮に今日、旅行を取り止めたとしても、平熱となったナナコを連れて、わざわざ休日診療に行き、インフルエンザの検査はしないだろう。

旅行に行くことにした。
ナナコの顔に笑顔が戻ったが、本当にこのまま熱が下がったままなのか、不安だった。

釈然としないが打つ手もない。
スポンサーサイト


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2016/03/14(月) 00:29:57|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卒園旅行(越後中里) ~1日目~ | ホーム | 卒園旅行(越後中里) ~前日~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/488-839ae6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)