自分を好きになるために

ナナコを通して、新しい自分を発見できるといいな。

卒園旅行(越後中里) ~2日目~

二日目。

夜のうちに雪がふって朝起きたら一面の雪景色になっていた。

ホテルのチェックアウトは11時だが、12時まで雪で遊ぶ予定だったので、早めにチェックアウト手続きを済ましてコインロッカーに荷物をあずけて遊ぶことにした。

コインロッカーのお金をどちらが入れるかでまた一悶着。
リョウが、自分が入れたかったと はげしく泣きわめいた。
昨日の雪遊びでナナコが、リョウが作った雪の塊に自分がつまずき 長靴の中に雪が入ったと憤慨し、リョウなんか大嫌い!とたいそうお怒りだったので、今日はスノーブーツとグローブをレンタルすることにした。
グローブくらい、自分たちのを買って持っていきたかったけど、出かける前のバタバタで買う余裕なんかなかったもの。

この日は、ナナコはチューブの面白さに目覚め、最初から最後までずっとチューブで滑っていた。
リョウはどうしてもスリルとスピードが好きになれず、ひたすら雪玉を作って、時折、そりをした。
それでも、一緒にそりで滑り始めると、
「あーーー、はやい、はやい!もっと、ゆっくり!」
と、歩くくらいのスピードじゃないと文句を言う。

12:00前に着替えを済ませ、12:00発のシャトルバスで越後湯沢駅に向かう。

さんざん遊んだ二人はお疲れモード。
大人もお疲れモード。

帰りの新幹線の時間までには余裕があるので、越後湯沢駅でパスタとピザを食べた。
でも、ナナコに至っては、甘いものしか食べない。
リョウは一人でピザをむしゃむしゃと食べていた。

新幹線に乗って、雨の中、JRと私鉄とバスを乗り継いで自宅に帰宅したのは、子どもたちにとって非常に疲れたようだ。(大人も疲れた)
ナナコは、「もう新幹線はいい。(乗りたくない)」とぼやいていた。

一方、あんなにチューブを嫌がったリョウは、
「また、新幹線とチューブとそりに乗りたい」
と言っていた。
ホントかいな。
スポンサーサイト


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

  1. 2016/03/17(木) 17:34:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<成長しています。 | ホーム | 卒園旅行(越後中里) ~1日目~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuromamma.blog12.fc2.com/tb.php/490-ce4df69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)